カテゴリー「出典:布施知子著『おりがみ花くす玉』」の記事

2015年2月17日 (火)

197 中ボタン

001「そこはかとなく…」とか「かぐわしい」という言葉は

知ってはいても、使う機会は少なかったが

先日、知人の梅の庭を訪れて、

七分咲きの梅を拝見していた時に、

その、薄くもなく、濃くもなく、爽やかで上品な香りが

「そこはかとなく」漂ってきて、

ああ、「かぐわしい」とはこういう時に言うのかなぁ

としみじみ思った。

桜は人をウキウキさせるが、

梅は人をしみじみとさせるものなのか。

忙しい日常の中のオアシスのような時間だった。

shine

さて、今日はその「梅」をテーマに『中ボタン』という作品を作ってみた。

写真だと、構造が分かりにくいかもしれないが、002

紫の丸いパーツを黄色の正方形でつないでいる。

この「紫の丸」は「ねじり折り」で、7.5cm角の正方形に

折り線を沢山つけて、ギザギザにしたあと、

畳みながら、用紙全体を回転させて平面にする手法。

「ムニュ~~~」と紙が平らになる瞬間が面白くてたまらない。

紫と藤色の両面折り紙を使った。

黄色は7.5×3.75cm の12ユニット。

出典は布施知子著『花くす玉』である。

本には、黄色の部分に梅の飾りは無いのだが、

先日の梅がとても印象に残ったので、勝手につけちゃいましたっ!

shine

003_2この作品は糊不要。パーツを隙間に差し込むと、

きっちり止まる仕組みなので、外れず、丈夫に完成する。004_4

「紫の丸」の「ねじり折り」がちょっと難しかもしれないが、

慣れれば大丈夫。

ちょっと変わった作品に挑戦したい方にはおススメである。

では、三角のとんがり部分で立っちゃお~~、あらよっと!

shine

005ランキングに参加中。ポチットひと押しお願いしま~~すheart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村

2012年3月28日 (水)

101 花咲くくす玉 2

Dscn9500_4今日、東京は朝から晴天。

北国ではまだ雪景色のところもあるが

こちらはひと足先に春モードだ。

暖かい日差しに照らされて、お庭の花たちも

次々と開いている。気がつけば、紫陽花も

たくさん新芽をふいていた。

そういえば、今年は桜の開花が例年より遅れるとか。

ちょうど入学式の頃、満開になるのかしら…。

私もなにか春らしいものを作りたいなぁ。

春らしくて、華やかで、可愛いもの……、というわけで

今日は花咲くくす玉の二回目。

またしても、5センチほどの小さなくす玉である。

紫の花の部分とピンク・黄色のベースをそれぞれ作って組み合わせている。10101_4

花も土台もいろんな形があって、挿し込んでいるだけなので、

パーツを変えれば、バリエーションは数限りない。

1月4日に『079 花咲くくす玉』として、一回目をアップしたが、

皆さんに愛していただいて、いつも人気記事ランキングのベスト10に入っている。

幸せなくす玉さんだね。

shine

さて、今日はもう一つ、上とは対照的なくす玉も作ってみた。

題して『春の宵』。

10102_2春の夜の闇の中に咲く花のように

ひそやかな美しさが表現できれば

いいのだけれど…。

shine

スワトウのハンカチが大好きで、少し集めていたので、

今日はその上にのせて撮影した。

くす玉よりハンカチの方が目立ってるという声も少々…… sweat01

これらの作品の作り方は布施智子著『花くす玉』に載っている。

ぜひ、皆さんもつくってみて、ね heart04

2012年1月 4日 (水)

079 花咲くくす玉

07901お正月も、もう四日。

今日から仕事始めという方も多いのではないだろうか。

今年の三が日、東京は晴天で、

元旦に震度4の地震があった以外は

穏やかなお正月だった。

氏神様に初参りして、先祖のお墓にも新年の挨拶をした。

箱根駅伝も、往路と復路で二日間楽しんだし、

家族が集まって、5歳の甥っ子がだす「なぞなぞ問題」に

みんなでたくさん笑った。

福袋も買って、ちょっと得した気分も味わったっけ。

お正月らしい日々を何事もなく普通に過ごせて、よかった。

これまでは、当たり前だと思っていたけど、

今年は当たり前にやれたことの平穏さに感謝した。

shine

さて、今日はちょっと可愛らしい作品を作ってみた。

5センチ弱くらいの小さいくす玉である。

07903  07904  07902

上のような小さい花を沢山作って、ベースの折り紙と組み合わせている。

このところ強い感じの作品が多かったので、

今日は、新春を寿ぐ花が咲いたような、柔らかいイメージを作ってみたかった。

うまく伝わっただろうか?

A01_2上の二つの作品は、三角の窪みがあるベースを使ったが、

そのベースを別のタイプにかえるだけで、まったく別の作品になる。

←それがこちら。

生クリームがついたキャラメルみたいで、おもしろい。

ベースと花の組み合わせ次第で、いろんな形が楽しめるこの作品は、

布施智子著の『花くす玉』に載っている。

ぜひ、皆さんも作って楽しんでみて、ね heart04

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ