カテゴリー「マリア・シナヤスカヤさんの作品」の記事

2017年12月17日 (日)

296 小さなクリスマスリース

Tico01_2

クリスマスが近づいてきたので

今日は、クリスマスカラーの小さな作品を作ってみた。

左のような作品を、日本では「リング」、

海外では「リース」とよくいう。

日本で「リース」というと、直径30cmくらいの輪を

連想してしまうからから、リングなのかしら。

リング(リース)は少ない枚数で手軽に作れるので

時間が無い時でも、ササッ完成できるし、

そのわりに、敷き物にしたり、コースターにしたりと

幅広い用途に使える。使い勝手がいい。

この作品は、Maria Sinayskaya さん作の「 Tico Star 」。Tico02

正方形の折り紙×8ユニット。

組み方が超簡単な点がすごい。

はさんで、下の紙を被せるだけなのに、しっかりと組みあがる。

表と裏の柄がちがうところも魅力ね。

7.5cm角の折り紙で、仕上がりは直径15cm。

soon 折り図はこちらへ。

shine

次は「 Celtic Brooch 」という作品。

今度は丸い輪に仕上がるので、いろんな色で作ると、

パーティーのコースターにいいかも。

こちらは12枚組。01

枚数は増えるが、そのぶん、複雑な模様が楽しめる。

これも折り方が簡単なので、5cm角の折り紙でもラクに作れる。

5cm角の折り紙だと、仕上がりは直径7.5cm。02

7.5cm角の折り紙だと、仕上がりは直径11.5cm。

こちらも折り方・組み方は簡単ですぅ~happy01

 

soon 詳しい作り方はこちらの動画へ。

shine

29 shineランキングに参加中shine

ポチットひと押し、お願いしま~す happy01heart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2017年10月13日 (金)

285 LIttle Rose Kusudama

01 10月半ばなのに28度もあって、真夏の陽気だった東京。

今日は一転して、最高気温14度

「昼にかけて気温が下がっていきます」だとか。

なんじゃそりゃぁ~sign03

着る物でうまく調節して、風邪をひかないようにしなくっちゃ。

それにしても、最近やたらと、目の周りが痒い。

正確に言うと、「目のふち」なので、

頻繁に触るのは問題なのでは…と思うのだけど、

痒いので、ついつい触ってしまう。

そしたら友人が「それ、ブタクサじゃない?」だって。

ギョッ~~、ついに来たか、花粉症 sign02

ひどくなるようなら、病院に行った方がいいかしら…coldsweats01

shine

さて今日は「リトル・ローズ」という愛らしい名前のくすだま。04

作者は、素敵な作品をご自身のサイトsoon go origami.com

多数公開されている Maria Sinayskaya さんである。

サイトによると、リトル・ローズは5タイプ紹介されていて、

正方形から作るものと、長方形から作るものがある。

今回は両方作ってみた。どちらも折り方は簡単なので

作り易く、そのわりに、クルクルや色で変化をつけやすいので

いろんな表情が楽しめそうだ。

shine

05 ランキングに参加中shine

ポチットひと押し、お願いしま~すhappy01heart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2017年5月 9日 (火)

275 Fasett Sonobe

01 今日は動画サイトで見た『Origami Fasett Sonobe

という作品を作ってみた。

作品名に「Sonobe」とあるのは、

薗部ユニットのバリエーションという意味かしら…?

たしかに完成品は薗部バリエ―ションにみえるけど、

ユニットは全然、別物に感じる。

その別物から、そっくりさん(バリエ)が生まれるなんて面白い。

白いラインはシャープな感じで

unit fun 好みのデザインでございますよ。

shine

「Sonobe」の名がついているだけあって、

ユニットの造り易さや手軽さは楽勝コース。

鋭角を折り出すこともないし、組み方もラク。06

一ヶ所だけ、小さい三角を半分に折るところがあるので、

7.5cm角より小さい折り紙だとやり難いかも。

組むポケットが浅いので、外れ易い時は糊があるといい。

今回は、7.5cm角の折り紙×30枚組。

soon 作り方動画はこちら

shine

05 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いします

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2016年1月 7日 (木)

219 Lotus Crown

04日の過ぎるのは早いもので、一月も、もう七日。

少し遅れてしまったが、今年初めての更新なので、

新年のご挨拶をいたしましょう。

皆様、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

shine

2016年最初の作品なので、

今日は、華やかなものを作ってみたくて、

Maria Sinayskayaさん作の

「 Lotus Crown 」を折ってみた。

shine

三角ピラミッドの周りに花びらが現れるこの手の作品は

類似したものが沢山あって、いろんなバリエーションを楽しめる。04_2

Unit fun は、今回と同じ作家の「Clover Kusudama」というのを

最初に作って、125回でアップしたので、類似した作品群をまとめて、

勝手に「クローバー系」と呼んでいる。

簡単なわりに、仕上がりがデラックス。

Unit fun の大好物なのであ~る。

shine

12506  21903

これまでにアップした「クローバー系」のくすだま。

左:125回 Clover Kusudama。右:190回 Blutenball Kusudama。

soon 今回の「 Lotus Crown 」の折り図はこちら

shine

13ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いしま~すheart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2014年10月26日 (日)

185 Star Sonobe

18501あぁ~、もう10月下旬。

忙しくて、折り紙に集中できないけれど、

合間を縫って作り始めると、やっぱり楽しいなぁ。

今日は『スター薗部』という作品。

薗部ユニットのバリエーションなのね。

作家はマリア・シナヤスカヤさん。

Go origami!』という素晴らしいサイトを

公開しているので、ぜひ見に行ってね。

shine

薗部ユニットのバリエーションは

いろんな作家が沢山作っているので、かなり楽しめる。

なにしろ、ベースが薗部ユニットだから、

作り方が簡単なのが多いし、覚え易く、組み易い。

時間の無い時にピッタリなのね。18502_2

shine

ところで、今回の作品には困った点がひとつ。

緑の部分がピッタリ合わないのだ。

右の写真→でも、中央の水色の部分がピッタリ合っていないでしょ coldsweats01

やり方がマズイのかしら…と思って、調べてみたら

同様のことを書き込んでいる人が結構いたので、

なるほど、そういうものかぁ~と思って、この際、糊止めした。

7.5cm角の折り紙、30枚組。

Star Sonobe by Maria Sinayskayasoon 作り方の動画はこちらです。

shine

18505_2そうだ!赤や緑や金銀でこれを作って

クリスマスツリーの飾りにしましょうっと。

今から作れば、のんびり屋の私でも、きっと間に合うはず~たぶん~

←12枚組も、もちろんできます。「Star」じゃなくなっちゃうけどね

shine

18503ランキングに参加しています。

ポチッとひと押し、お願いしま~すheart04happy01

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村

2014年4月26日 (土)

172 Little Island Kusudama

172014月26日、晴天。

東京の気温はぐんぐん上がって、5月中旬の陽気だとか。

お蔭で洗濯物がよく乾くわぁ~と思いながら

東の空を見上げると、あらまっ!

真っ青な空にモクモクっとした雲が。

寒い間は筋を引いたような雲が多かったから

入道雲のようなのは久しぶり。

いよいよ初夏到来かしら。

それにしても、この雲、眉毛の出っ張りといい、

唇とあごの出っぱりといい、頭の形といい、

まるでゴリラそっくりだ、アハハ~と笑っていたら

ゴリラの目のあたりを飛行機が小さく横切って行った。

あの飛行機の小ささから見ると、巨大ゴリラだったんですね。

shine

さて今日は、というより、今日も今日とて簡単で作り易い作品をご紹介。

マリア・シナヤスカヤさん作の『 Little Island Kusudama 』である。

このタイプのくす玉は類型が多くて、unit fun が知っているだけでも6種類はあるが、

その中で一番有名なのは、何と言っても、パオロ・バセッタ氏のモジュラー・スターだろう。soon 作り方はこちらへ。

17202_modular_star 17203 17208

左がモジュラー・スター。右の2つはリトル・アイランド。どちらも30ユニット。

モジュラースターは正方形を使うが、今回のリトル・アイランドは1対2の紙を使う。

そのため、ユニットもグ~~ンと細長くなって、繊細な感じになる。

17204 17205 17206

基本的に糊は不要だが、紙の反発力で、5つの山が合わさる部分にどうしても穴が開く。

それにユニットが細いぶん、外れ易いので、気になる時は、多少、糊付けをした方が仕上がりが綺麗かも。

それ以外、難しい点は無し。15cm角の折り紙4枚で作れるし、折り方も簡単なので、

ササッと作れるわりに可愛いくす玉でございますよ。

Little Island Kusudama by Maria Sinayskaya (1:2長方形タイプ)soon 作り方はこちらの動画へ。

shine

00103_little_islandランキングに参加中。ポチッとひと押し、お願いしま~すheart04happy01

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013年3月21日 (木)

140 机の上にサクラサク

14101_2桜が咲き始めたというので、

桜の大木があるお宅を訪ねてみたら

ご主人が桜の蕾を拾い集めていた。

聞けば、先日の大風で散ったのだという。

蕾のガクの付け根の細い茎から折れていた。

「あらまぁ、かわいそうに…」

テレビでは、咲き始めの桜は丈夫なので

散らないと言っていたが、まったく残念だ。

「でもまぁ、七割ぐらいは残っています」

ご主人は笑いながら話してくださったが、

夕べの雨で、どうなったかしら…。

shine

今日はそんなわけで、桜のイメージでこの作品を作った。14103

Maria Shinayskayaさん作の Caramel kusudama

長方形から作るタイプと正方形から作るタイプの二種類があるが

今日の作品は長方形タイプ。

サイズは4.25×8.5cm(縦横比1:2)。

正方形のブロックメモを半分に切って作った。

14015_2 

実は、この作品、簡単で作り易いのだ。

ユニットは七、八回折れば完成するし、組み方も3枚ずつ、三角を作っていけば簡単に組める。

花びらを演出したい時は、爪楊枝でクルっとね。

そして、簡単なわりに、出来上がると綺麗shine

unit funはこういうタイプが大好き、おススメなのよ。

作ってみたい方はぜひ Caramel kusudama で検索してみて、ねhappy01

2013年2月19日 (火)

137 名無しの… Boston Waltz

01_3今日、サラリーマン川柳100句が発表された。

夫婦間の力関係を詠んだ句や

サラリーマンの悲哀を詠ったものなど

さすがはベスト100に選ばれた句だけあって

どれも秀逸。

その着眼点の素晴らしさと表現の上手さには

まったく脱帽してしまう。

その中で、私が気に入ったのが次の一句。

入れ歯取れ きゃりーぱみゅぱみゅ言えた祖父

おじいちゃん、スゴい!

だって、ワタシ、入れ歯もないくせに

どうしても『ぱみゅぱむ』になってしまうもん。

言えないといえば、この早口言葉もうまく言えない。

皆さんはいかがだろうか。

シチュー死守しつつ試食し視聴中』(三回繰り返し)

shine

さて、小雪が舞い散った今日の作品は、と、ご紹介したいところだが、

実は名前も作者も思い出せない。たぶん、あそこでは…と、海外の折り紙サイトを

あちこち訪ねたが、全然見当たらず、今回は名無しの権兵衛さんになってしまった。

ほんの三週間前のことなのに思い出せないとは、

早口言葉より、別の方面を心配した方がよさそうか…とほほ~~typhoon

04 06 05

左がユニット単体。折り方はとっても簡単だ。真ん中は正面の姿。

7.5cm角の折り紙、30枚組。

右がユニット3個を組んだところ。組み方も薗部ユニットと基本的に同じ要領だ。

07shine

今回はunit funにしては珍しく単色にしてみた。

写真の緑色が実際より深みが出て、ラッキー。

クルクルも今回はソフトに、控えめに。

shine

簡単なわりに綺麗なので、ぜひ皆さんに

サイト名をお知らせしなくては。

発見したら載せますね。

では happy01heart04

pencil この作品の名前が分かりました。Maria Sinayskaya さん作の「ボストンワルツ」でした。

soon 写真による作り方解説はこちらへ。

2012年11月 7日 (水)

126 Chandelle Kusudama

12601今日はおネギがスーパーの目玉品。

長ネギに青ネギ、こういう時は少し多めに買い込んで、

いろんなサイズに切り分けてっと。

こうして冷凍しておくと、忙しい時に助かるのよね。

でも、これだけあると、さすがに涙がポロポロ…。

折しも、テレビではオバマ大統領再選のニュースを放送中。

エプロンで目頭を押さえながら、テレビの方へ行ったら、

「おめでとう!日本でも涙を流して喜ぶファンがいるんだね」

と家族に祝福されてしまった。

おネギなんですけど…とも言えず、トホホだわぁ~~sweat01

shine

さて、今回も前回に続いて、Maria Sinayskayaさんの作品から、『Chandelle Kusudama』。

折り紙と包装紙を織り交ぜて、思いっきりバラバラの色で作ってみた。

テーマは「秋の実り」。

12605  12606  12608

折り紙仲間のともさんのブログの中の「収穫」というシリーズを拝見していて

ご自宅でとれた秋の実りの、温かで、やさしい色を見るうちに、

私もこういう色合いで秋を表現してみたいなあと思って作ってみた。

12602  12603

左上のユニットを巻き込むように三つ組んで、とんがりを作っている。12604

7.5cmの折り紙と包装紙、30枚組である。

ユニットの折り方も簡単だし、組むのもラクだった。

色を変えれば、全然違うタイプの作品が作れそうだ。

この『Chandelle Kusudama』には、アレンジ(クルクル付き!)があるようなので、

そのうち作ってみましょうっと。では、またheart04

2012年10月24日 (水)

125 Clover Kusudama

12506_2あらまっ!何で、こんな所に?

今朝、起きたら、シクラメンにアブラムシがびっしりついていた。

猛暑に耐えて、大きな葉っぱは二枚だけ。

サザエさんちの波平さんみたいになっちゃった

シクラメンがようやく新芽を出したというのに、

その小さな新芽ちゃんにびっしり!

でも何でぇ?庭の土の上なら分かるが、

三階のベランダにもアブラムシが来るとは驚きだ。

さっそく救助作戦開始。まずは、セロテープでペタペタ。

それでも取れないヤツには、薄めた牛乳の散布攻撃。

ふぅ~~、ベランダは終わったけれど、

この分じゃ、庭の方はもっとすごいのかな、ぞぞ~~。

shine

さて、今日は Maria Sinayskaya さん作の『Clover Kusudama 』。

カーブの部分のラインを強調できる紙が欲しかったのだが、紙が決まらず、のびのびになっていた。

そしたら先日、この折り紙を見つけたので、さっそくチャレンジ!

12507_2shine

一見、二種類の紙を使っているように見えるが、

実は両面折り紙。

表が水玉で、裏がストライプ。

そのストライプの柄をカープの部分に使いましょうっと。

12503  12504_2  12505_2

左のようなユニット30枚を、中と右の写真のように組んでいく。

最初、上の赤いの↑を作ったが、雰囲気を変えて、もう一つ作りたくなったので、

今度は、緑の濃淡にした。こちらはブロックメモを使っている。

12509 shine

濃淡で作ったら、まったく別の作品みたい。

上の赤いのと同じ仕上がりでは面白くないので、

こちらは少しカールさせてみた。

例によって、爪楊枝でクルクルッ。

作家さんはクルクルしていないが、

これはこれで、いいじゃな~い!

なんて喜んでたら、家族がチラッと見て

「なんかさ、新キャベツみたい」だって。

なるほど、アハハ。

それじゃ、籠に入れて記念撮影ね。さて、庭でアブラムシと戦ってくるか!12510_2

shine

cute 私ごとですが、先週、ブログのアクセス数が30万を超えました。

いつもご覧いただき、更新が滞っている間も、ご訪問くださった皆さまのお蔭です。

これを励みにして、これからもユニット折り紙の世界を皆さんと楽しんでいきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします happy01heart04

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ