カテゴリー「日本の作家の作品」の記事

2017年5月 7日 (日)

273 富士山モジュール

02 今朝のテレビで年号トリビアをやっていた。

「平成」という元号は、「正化」と「修文」という三つの候補の中から

選ばれたという。選考理由の一つに、頭文字をアルファベットで書くと

平成だけが「H」で、昭和の「S」とかぶらないからだったとか。

それなら最初から「S」以外の言葉を探せばいいのになんて思うが、

それは安直というもの。

国の一時代を画する大切な名前ですもの。

元号選考の手順は、そんなにお手軽じゃないのね。

ところで、「平成」という年号は前にも候補に挙がったことがあって

今回で二回目だったとか。「天保」は16回、「嘉徳」に至っては

46回も候補に挙がったのに、未だ選ばれず。何でそんなに選ばれて、何でそんなに選ばれないsign02

そっちの理由もぜひ教えてくださ~いsign03

shine

さて今日は、前川淳さん作の「富士山モジュール」を作った。

この手の作品には類型が多いので、私は03モジュラースター系」と呼んでいる。

このタイプは比較的作り易いのが良い所。折り易く、組みやすいのだ。

これが、先の尖った「星型」になると、「組む」より「巻く」という感じなって

三角をグルグル巻くうちに、紙の厚みが邪魔して、やりにく~~い、になるのだが、

このタイプはそこまでしんどくないから大丈夫。

でも、三角を組む時に、三枚目のユニットは注意深さが必要かも。

1対2の長方形、30枚で作る。どこからみても、同じ形。

柄物のメモ用紙で作ってしまったけれど、

この作品は三色で作ると綺麗だったみたい。うっかり~coldsweats01sweat01

soon 写真による折り方解説はこちら

shine

07 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いします

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2017年4月24日 (月)

267 サボテン

11 今日は、つがわみおさんの本

くす玉ユニット折り紙』から

サボテン」という作品を作ってみた。

この本には「誰でもかんたんにできる」と

いう副題がついているので、

一見、超初心者向けの本に見えるが

作ってみると、なかなか手ごわい作品も

あったりして、決して初心者向けの

易しい作品だけを集めた本

ではないなと分かる。

しかし、折り方を解説した図が大きく、丁寧に描かれているので分かり易い。

これなら初心者でも完成できそうだ。13

shine

今日の「サボテン」。中心に小さな花が咲いている。

本物のサボテンにも、こういう感じの、おちょぼ口みたいな

花が咲いたっけ。

薗部ユニットのスポンジに乗っけちゃったflair

shine

7.5cm角折り紙 30枚。

ユニット折り紙に慣れた方なら、楽しみながら、ラクに作れま~す.

お試しあれ~~~ happy01heart04

shine

01 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いします

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2017年1月 5日 (木)

246 千変万化 3

02 shine あけましておめでとうございます shine

    今年もよろしくお願いいたします。

                          cute

2017年の第一作目は、つがわみおさん作の『 千変万化 3 』

前から作ってみたいと思っていた作品だ。

この『千変万化』という作品には、1から3までの

3タイプあって、1が基本形。

数が増えるにつれて、見た目が複雑になる。

といっても、折り方が少しちがっていたり、

少し手間がかかるだけで、3でも格段に難しいわけではない。

ユニット折り紙に慣れた人なら、すぐに覚えられるほど、

折りやすいので、いきなり3から作っても大丈夫よん happy01shine

unit fun はデラックス系が好きなので、3を作ってみました。05

shine

03_2 この作品のチャームポイントは、

なんといっても、5枚の花びらが

開いたようになっているところ。

ユニットを組んでから、左のように、

折り紙を持ち上げ開いて、

花びらを作っていま~す。

ここで、ふわふわ感が出せれば大成功かなぁ~ happy01heart04

soon 出典は、つがわみお著『くす玉ユニット折り紙』でした。

flair

これまでに、つがわみおさんの作品は3作品つくりました。

138_20130306_00105  186arabesque_mio_tugawa_20141102  240_20160825_no3012

左から、138 モザイクボックス。 186 アラベスク。 240 ステンドグラス

shine

06 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いしま~すheart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2016年12月18日 (日)

244 舞妓さん

01a この秋、疲れがたまったのか、

体調を崩してしまい、ブログも止まってしまった。

介護の力仕事で、背筋を痛めたかと思って

整形外科に行ったら、なんと肋間神経痛だって。

ひどい時は、息を吸っても痛いので、

ホントにげんなり。

何もする気が起きず、家事と介護で精一杯。

なので、ブログは休止という次第で、ございました。

久しぶりに、折り紙をする気が起きたので、

まずは、簡単なタイプから始めましょうと思い

動画サイトで見た『舞妓さん』を作ってみた。

shine

この作品は動画をアップした方のオリジナルかしら?

ユニットの構造は、いわゆる『薗部バリエーション』。02

薗部ユニットの仕組みを知っている方なら、

一度、動画を見れば、3分で全てを把握できる。

それくらい、構造は単純なのだが、

出来上がりはとても華やかで、あでやか。

『舞妓さん』という名も納得です。

シンプル&デラックス、unit funの大好物でございました。

サイズは7.5cm折り紙×30枚。

soon 折り方の動画はこちらまで。

shine

05 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いしま~すheart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2016年8月25日 (木)

240 ステンドグラス

01リオ五輪の熱戦に夢中になっているうちに

月日はどんどん流れて、気づけばもう、8月下旬。

一ヶ月経つのは早いものだ。

日中はまだまだ猛暑だが、

朝晩の空気が少しずつ

真夏とは違ってきたような…。

そろそろ、夏の終わりが近づいてきたのかな。

shine

さて今日は、「つがわみおさん」の作品から

ステンドグラス』を作ってみた。

shine

このところ、二枚の折り紙を組んで、

一つのユニットにする作品が多かったが、05

今回のユニットは一枚折り。折り方も覚えやすい。

でも、写真の赤い部分を折り出す時だけは要注意かも。

うっかりすると、赤い帯の太さがバラバラになってしまうので

03 そこだけは慎重に。

それから、色かなぁ…。

今回は見事に失敗。

オレンジ・茶色で作ったら

「きんぴらごぼう」になっちゃったぁ!

写真は7.5cm角×30枚。soon 出典は『くす玉ユニット折り紙』。

shine

これまでにアップした、つがわみおさんの作品はこちら。

03_2

99_2左:No,138 モザイクボックス。 30枚組

 作っていて、とても楽しい作品。

 いろんな組み方ができるので、おススメで~す。 

右:No,186 アラベスク。  クルクルのユニットで、球体の整形が難しいけど、

 出来上がると、超カワイイ。作り方リンクあり。

shine

04今日、英国の友人から夏の贈り物を頂戴した。

えんどう豆の柄の箱が清々しい。

開けたら、あらまぁ~、清涼感たっぷりの中ぶたが登場shine

すべて手作りで、あんまり素敵なので、感激しちゃった。開けるのが、もったいないよ~~sun

ありがとうございますheart04 こういう「おもてなし」は、考えもしなかったなぁ。

粋な「夏いっぷく」プレゼントに感謝で~す happy01shine

shine

02_2 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いしま~すheart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2014年11月 2日 (日)

186 アラベスク

18601先日、ちょっと時間ができたので、

久しぶりに日本の作家の作品を作ってみた。

Arabesque by Ms. Mio Tugawa.

Mio Tugawaさんの『アラベスク』である。

ちょうどその日は小春日和だったので、

日向ぼっこをしながらの折り紙作業。

ポカポカ陽気で、背中があったか~いsun

配色も春っぽい感じになりました。

shine

この『アラベスク』は海外でも人気があるらしく、

いろんなサイトで見かける。

折り方も組み方も簡単なわりに、豪華な仕上がりだから、

きっと、海外の皆さんも一度は作ってみたくなるんでしょうね。

Unit funにとっても、クルクルは久しぶり~~shine

sun

左下の写真がユニット二つを組んだところ。組むと言っても、差し込んで折るだけだから簡単。

右下は三つ繋げたところの写真。

27 31  18604_8

18602_2  18603

組んだ直後は左のような形をしている。

その三角をクルクルにカールさせると、トップの写真になる。

soon 詳しい作り方はこちらへ。http://origamio.com/diagrams/arabesque/

shine

Dscn9771

ランキングに参加中。ポチッとひと押し、お願いしま~す。

  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村

2014年7月31日 (木)

180 Bila de Japonezi

18014オルセー美術館展を見に乃木坂に行ってきた。

たまたま、神谷町に用事があったので、

六本木から行ったのだが、なにせこの暑さ。

人と車と騒音の中を太陽に照らされながら

信号待ちをしている時の、長いことと言ったら、

雑踏と熱風にさらされて、早くも、日射病気味か。

竜土町の小道も、ビル砂漠の谷間を歩いているようで

次第に気分はげんなり。美術館に着く前に後悔した。

ああ、失敗!乃木坂駅から行けば、

駅直通で美術館に入れたのに…。

炎暑の中、新国立美術館に行く皆さま、

乃木坂駅がオススメです。

でもね、展覧会の方は、行った甲斐あり。

実物を見なけりゃ分からない凄さを堪能した二時間だった。

shine

さて、180回目の今日は涼しげな作品を作りましょう。

作品名は『 Bila de Japonezi 』とあったのだけど、作者が不明。

海外のサイトで見たので、一応、海外の作家のカテゴリーに入れておいたが、

「折り鶴」がベースになっているから、もしかしたら、日本の作家さんかしら…。

18002 18004 18005 

7.5cm角の折り紙でユニットを24個作る。写真左がユニット。

テンキーの大きさから、ユニットのサイズをイメージしてね。

折り方は、途中まで「折り鶴」と同じなので、とても覚えやすい。

18007 18008 18012_3 

組み立てはなくて、糊付け。ユニットの尖った細い4本の手を糊で接着する。

ユニット24個ということは、正方形を三角形でつなぐ立方八面体なのね。

なので、まず、12ユニットずつで半球を2個作って、最後にそれを接着した。

そんな面倒なことをしないで、いきなり立方八面体を組んでもいいんだけど

実際やってみたら、ユニットの「手」がごちゃごちゃしていて、分かりずらかった。

18017_3糊付けだから、間違えたらボツでしょう。

やっぱり、半分ずつ作って接着する方が

安心かな。

shine

さて、この作品、どう飾ろうかしら…

ひと回り小さいのを作って、

入れ子のするのもいいけれど

私は風鈴に仕立ててみようかな…

soon 詳しい作り方は こちらへどうぞ heart04

shine

【追記】

10月3日に「ひかる様」より素敵な情報をいただきました。

この作品は、新潟で作られている『雪玉』という作品だそうです。

こんな素敵な作品が日本産だったなんて、すごく嬉しい~~shine

正しい情報を教えてくださって、ありがとうございましたhappy01

shine

18013_3 ランキングに参加中。ポチットひと押し、お願いしますhappy01

↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村

2014年6月10日 (火)

176 アマリリス

01a_2このところ、「かわいい花のくす玉おりがみ」という本に

載っている作品が続いたので、

今日は気分をかえて、

川村みゆきさん作の『アマリリス』を作ってみた。

前から一度、作りたいと思っていたのだが、

以前、動画サイトで見た作り方は、

とてもやりにくくて、失敗の連続。

そんなに複雑な構造ではないはずなのに、

どうして…?

折り方の順序が間違っているのでは…coldsweats02 と、

人のせいにしながら、何度かチャレンジしたが、

どうしても綺麗にできなかった。

今回、こちらのサイトで見つけたので、作ってみたら

思った通り、わりと簡単な構造で、作り易かった。

簡単なユニットなのに、ちょっと豪華な仕上がりshine

unit funの大好物でございましたhappy01

shine

今回使った用紙は8.5cm角のブロックメモ。02_3

30ユニット。

直径15㎝ほどのくす玉になった。

白と淡い緑の紙がこれしか無かったので、

ブロックメモで折ってみたが、紙が少々ごわついて、

ブカブカっとした仕上がりになってしまった。

もう少し、しなやかな紙の方がよかったかしら。

じっと見ていると、抹茶入りソフトクリームみたい。

初夏を彩るアマリリス、皆さまもぜひお作りくださいhappy01heart04

sun

04_3ランキングに参加中。

ポチっとひと押し、お願いしま~すshine

   ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村

2013年3月 6日 (水)

138 モザイクボックス

01なんか変!

鼻の奥がムズムズしたり、ツ~~~ンとしたり

時には鼻水がたら~~り。

もしかして、いよいよ、仲間入りですかぁsign02

やだなぁ~。

ドライアイと上手に付き合うだけでも大変なのに

そのうえ花粉症だなんて、トホホだわぁ。

マスクにシュッと吹きかける薬でも買おうかしら

と思っていたら、お昼のTVでグッズを紹介していた。

球が2個つながった花粉除けの代物。

鼻の中に入れて使うんですって。

花粉除去のみならず、鼻水も吸い取る機能付きだそうだが

見た目は、牛さんの鼻輪状態。う~ん、ビミョ~。

皆さん、この時期、どうしてますか?

shine

さて、今日はMio Tsugawaさん作の『モザイクボックス』という作品。

以前あった「ぷうぷう村のくすだま工房」というサイトで見て、ずっと作りたかった作品だ。

05 06_2 09  

左がユニット。

今回は白を使って爽やかに仕上げたかったので、普通の折り紙(11.6cm角)を使ったが、02

両面折り紙を使うと、いっそう華やかな仕上がりになりそうだ。

何度も折り込むので、ユニットは折り紙の1/4ほどの大きさになった(写真中)

写真右は5枚が合わさる頂点。ユニットが外れ易いので、部分的に糊付けした方がいいかも。

今回は30枚組で作ったが、12枚組、24枚組も組めそうだ。

shine

03_3今日は久々のポカポカ陽気。

布団を干したいところだが、駄目でしょうね。

洗濯物も部屋干しに変更。

玄関にも小型クリーナーとブラシを置いてっと。

ちょっと庭を掃いただけで、もうお鼻がツ~~ン。

いつものマスクじゃ効き目がないのかしら…

まだまだ花粉症対策が増えそうだが、

このまま6月過ぎまで、窓も開けられないのsign03

花粉だけ入れない網戸、売ってないかしら~~weepsweat02weep

2012年9月28日 (金)

123 くす玉 Plute

12302今日の作品は『Plute』という名のくす玉。

海外の折り紙サイトをウロウロしていて見つけた。

日本の伝統くす玉と同じように、

ユニットを糸で綴っていくタイプなので、

これも伝承品かなと思ったら、サイトの中に

〝Makoto Yamaguchi″と書いてあった。

山口さん?もしかしたら、作者かな。

もしかしたら…だなんて、超イイカゲンで申し訳ないが、

なにせスペイン語かポルトガル語のサイトだったので、

とほほ…、その名前以外はまったく読めず、お手上げsweat01

でも、折り図が載っていたので、折るのは大丈夫なのよ。

shine

12303←糸で綴っていくというユニットがこちら。

小さなお花みたいで、一つでも、キュートでしょ。

ユニットの折り方は、難しくはないけれど

ちょっと手が込んでいる。

123115  123118  123120

(左)のように折り込んだら、(中)全部開いて、(右)折り線を利用して折りなおす。

123121  123123  123126

折り畳みながら、先端のとんがりを4つ作っていく。

今回はピンク系のブロックメモを、無地と柄物を織り交ぜて折ってみた。

ユニット数は36。ユニット6個を糸でつないで輪にし、それを6つ重ねて、球体を造形していくのだが…。

123046ユニットの輪を作った時、糸を緩めに結んだので

全体的に締まりがないようで…。

もう少し、きつめに縛ればよかったなぁ。

完成後に気づいたのだが、緩めな時は、

6ユニットの輪をもう1セット作って組み込めば

きっちりと仕上がるんじゃないかしら。

(完成前に気づこうよ、ってば!)

何度も糸で結んでいるから、解くと大変だし、まあ、今回はこれでいいや。

『Plute』くす玉と同じように、とんがってる12301_3

つんつんリング』の上に載せて、ハイ、ポーズcamera

う~ん、ブーケみたいで綺麗かも~~shine

(手前味噌だってばsweat01

12306

作ってみたい方は『origami kusudama Plute』で検索してみてネ。

もしかしたら、動画もあるかも。

あら、また、『もしかしたら』って言っちゃったsweat01sweat01

より以前の記事一覧

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ