« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月19日 (月)

282 レガッタ

01 前回、地名の話を書いて思い出したのだが、

私の上の上の世代……祖母たちは面白かった。

祖母は四人姉妹の次女で、総領の長姉を中心に

よく集まっては「女子会」を楽しんでいたが、

その彼女たちはタクシーに乗ると、

「尾張町の服部まで行ってね」と頼んで運転士を驚かせていた。

「今の時代、誰も尾張町なんて言わないですよ」と言っても、

そこは明治の女たち、自分の流儀を貫いた。

明治が大正になって、大正が昭和になっても、

「銀座四丁目、和光」は「尾張町の服部」。

「歌舞伎座」jは「木挽町」なのだ。

「ちょいと木挽町へ行ってくるわ」と言って歌舞伎を楽しんでいたっけ。

その祖母たちも30年以上も前に鬼籍の人となり、

平成の今はもう、さすがにそういう人に出会うことはなくなった。

彼女たちが話した「東京弁」も、今ではすっかり聞かれなくなってしまった。

shine

今日は、V..Minayeva さん作の『 Regatta 』という作品を作った。02

正方形の折り紙(今回は7.5cm角×30枚)をかなり折り込むので

ユニットは思いのほか、小さかった。

07 08 

ユニットの折り方は簡単なのだが、組み方がちょいと面倒だ。

複雑なのではなく、単純すぎて、どこを組んでいるのか、

ごちゃごちゃして、分からなくなるのだ。あ~、アタマ悪いのかも~~coldsweats02

03 04 05

今回は普通の折り紙で作ったが、五角形の大きな穴が開くせいか、

少したわむ感じ。堅めの紙の方がいいかも。

でも、風通しが良くて、涼しげ。夏向きのユニットで~すsun

soon  作り方動画はこちらへ。

shine

09 ランキングに参加中shine

ポチットひと押し、お願いしま~すhappy01heart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2017年6月16日 (金)

281 両面かめのこ凸型 正20面体

03 「日本橋」と書いて、

東京は「にほんばし」、大阪は「にっぽんばし」。

同じ文字でも読み方がちがうのだから、地名は難しい。

先日も京都から知り合いの学生が初めて上京して

都心に着いたと言うので、「どこ?」ときいたら

「ナイコウチョウ」と言う。

残念sign01「ウチサイワイチョウ」なのcoldsweats01

麻布(あざぶ)、十三(じゅうそう)、我孫子(あびこ)。

文字は簡単なのに、読み方が曲者だ。

東京タワーの近くには「狸穴」なんてのもある。

こんなのは、勤務先、学校、住居があって、しょっちゅう、この辺りをウロウロする人か、

小説で読んだ人くらいしか読めないのが普通だ。

正解は「まみあな」である。

shine

今日は『両面かめのこ凸型』から正12面体を作ってみた。02

『両面かめのこ』ユニットは「凸型」も「凹型」も

過去にいろいろ作ってアップしたが、この30枚組は初めてかな。

かめのこユニットは、いろんな作り方が発表されていて、

今回の作品の作者である布施知子さんも著書に何通りも載せているが

その中でも、これが一番、簡単だと思う。

用紙も1対2の長方形で、複雑な切り出しは不要。

誰にでも優しいユニットは、やっぱり、リピートしちゃいます happy01heart04

soon 出典は布施知子著『ゆかいな多面体』でした。

shine

01 ランキングに参加中shine

ポチットひと押し、お願いしま~すhappy01heart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2017年6月 2日 (金)

280 せせらぎ

01 いやぁ、圧巻sign03 予想以上に面白かった。

上野の国立科学博物館で開かれている

大英自然史博物館展に行ってきた。

「自然史」なので、扱うものは地球上の森羅万象。

各分野の選りすぐりが集められているので

とにかく、びっくり、珍品、名品揃いなのだ。

だって、入っていきなり、「呪われたアメジスト」だもの。

持ち主は必ず不幸になるというj怖~い宝石だ。

どこかのサイトに、見るだけなら大丈夫と書いてあったが

ワタシ、穴が開くほど、かなり見ました(大丈夫…か?)

次に、話題の三葉虫の化石。その解説は――

「集団で交尾中に窒息死した三葉虫」だって。

幸せなのか、不幸なのか、ドラマチックな奴らでした。

6月11日が最終日。もう一度行きたいなぁ~happy01

shine03

今日は布施知子さん作の「せせらぎ」という作品。

「せせらぎ」というからには、

水をイメージさせる青ですよね~と思ったのだが

その日、東京は30度近い猛暑で、頭の中は真っかっか。

暑くてたまら~~んと作っているうちに、いつのまにか、

「せせらぎ」ならぬ、「火の玉」になってしまった。

皆さまはぜひ、爽やかな「せせらぎ」をお作り下さいませ confidentheart04

soon 出典は布施知子著「初めてでも組めるくす玉おりがみ」でした。

shine

04 ランキングに参加中shine

ポチットひと押し、お願いしま~すhappy01heart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

« 2017年5月 | トップページ

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ