« 281 両面かめのこ凸型 正20面体 | トップページ | 283 くさび »

2017年6月19日 (月)

282 レガッタ

01 前回、地名の話を書いて思い出したのだが、

私の上の上の世代……祖母たちは面白かった。

祖母は四人姉妹の次女で、総領の長姉を中心に

よく集まっては「女子会」を楽しんでいたが、

その彼女たちはタクシーに乗ると、

「尾張町の服部まで行ってね」と頼んで運転士を驚かせていた。

「今の時代、誰も尾張町なんて言わないですよ」と言っても、

そこは明治の女たち、自分の流儀を貫いた。

明治が大正になって、大正が昭和になっても、

「銀座四丁目、和光」は「尾張町の服部」。

「歌舞伎座」jは「木挽町」なのだ。

「ちょいと木挽町へ行ってくるわ」と言って歌舞伎を楽しんでいたっけ。

その祖母たちも30年以上も前に鬼籍の人となり、

平成の今はもう、さすがにそういう人に出会うことはなくなった。

彼女たちが話した「東京弁」も、今ではすっかり聞かれなくなってしまった。

shine

今日は、V..Minayeva さん作の『 Regatta 』という作品を作った。02

正方形の折り紙(今回は7.5cm角×30枚)をかなり折り込むので

ユニットは思いのほか、小さかった。

07 08 

ユニットの折り方は簡単なのだが、組み方がちょいと面倒だ。

複雑なのではなく、単純すぎて、どこを組んでいるのか、

ごちゃごちゃして、分からなくなるのだ。あ~、アタマ悪いのかも~~coldsweats02

03 04 05

今回は普通の折り紙で作ったが、五角形の大きな穴が開くせいか、

少したわむ感じ。堅めの紙の方がいいかも。

でも、風通しが良くて、涼しげ。夏向きのユニットで~すsun

soon  作り方動画はこちらへ。

shine

09 ランキングに参加中shine

ポチットひと押し、お願いしま~すhappy01heart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

« 281 両面かめのこ凸型 正20面体 | トップページ | 283 くさび »

海外の作家の作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571963/65427421

この記事へのトラックバック一覧です: 282 レガッタ:

« 281 両面かめのこ凸型 正20面体 | トップページ | 283 くさび »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ