« 280 せせらぎ | トップページ | 282 レガッタ »

2017年6月16日 (金)

281 両面かめのこ凸型 正20面体

03 「日本橋」と書いて、

東京は「にほんばし」、大阪は「にっぽんばし」。

同じ文字でも読み方がちがうのだから、地名は難しい。

先日も京都から知り合いの学生が初めて上京して

都心に着いたと言うので、「どこ?」ときいたら

「ナイコウチョウ」と言う。

残念sign01「ウチサイワイチョウ」なのcoldsweats01

麻布(あざぶ)、十三(じゅうそう)、我孫子(あびこ)。

文字は簡単なのに、読み方が曲者だ。

東京タワーの近くには「狸穴」なんてのもある。

こんなのは、勤務先、学校、住居があって、しょっちゅう、この辺りをウロウロする人か、

小説で読んだ人くらいしか読めないのが普通だ。

正解は「まみあな」である。

shine

今日は『両面かめのこ凸型』から正12面体を作ってみた。02

『両面かめのこ』ユニットは「凸型」も「凹型」も

過去にいろいろ作ってアップしたが、この30枚組は初めてかな。

かめのこユニットは、いろんな作り方が発表されていて、

今回の作品の作者である布施知子さんも著書に何通りも載せているが

その中でも、これが一番、簡単だと思う。

用紙も1対2の長方形で、複雑な切り出しは不要。

誰にでも優しいユニットは、やっぱり、リピートしちゃいます happy01heart04

soon 出典は布施知子著『ゆかいな多面体』でした。

shine

01 ランキングに参加中shine

ポチットひと押し、お願いしま~すhappy01heart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

« 280 せせらぎ | トップページ | 282 レガッタ »

布施知子さんの作品」カテゴリの記事

コメント

こんにちはhappy01

このユニット面白そうですね~
相変わらず配色が素敵だから魅かれるのかしらheart
でもこの本は1度も見付けられた事がなく…残念ですheart03

都心の地名はメディア等で取り上げられる事も多く
案外地方にまで知れ渡っていたりしますが
まだまだ知らない地名も多いんですね~coldsweats02
内幸町に狸穴…初めて知りましたflair
ユニット折紙以外にも勉強になります~shine

ちなみに地方にも色んな地名がありまして。
あるタクシー運転士は客に「ふうとう町まで」と言われ。
でも市内にそんな町名なくて…
よく聞くと「かざがしら(風頭)町」だった、なんて話を聞いた事ありますw
後、同じ様なシチュエーションで「楓(かえで)町まで」と言われたけど
やはりそんな町名は存在せず…
客の持ってた、その土地から届いたらしい葉書を見ると
「木風(きかぜ)町」だった、とかw
木ヘンに風でなく、木風(きかぜ)町だったんですねw
地名って面白いですねclover

cute nana*さん、コメントありがとうございます。

風頭町に木風町、どちらも読み方が素敵。
訓読みだからでしょうか?
音読みするより、イメージが広がるような気がします。
「かざがしら町」なんて、アニメの舞台になりそうな響きですね。

ところで、
…でもこの本は1度も見付けられた事がなく……だそうですが
比較的新しい本ですので、そのうちきっと、縁があることと思います。
両面かめのこ情報満載ですので、
けっこう、あれこれ、遊べますよhappy01sun


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571963/65409988

この記事へのトラックバック一覧です: 281 両面かめのこ凸型 正20面体:

« 280 せせらぎ | トップページ | 282 レガッタ »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ