« 279 ツインエッジ | トップページ | 281 両面かめのこ凸型 正20面体 »

2017年6月 2日 (金)

280 せせらぎ

01 いやぁ、圧巻sign03 予想以上に面白かった。

上野の国立科学博物館で開かれている

大英自然史博物館展に行ってきた。

「自然史」なので、扱うものは地球上の森羅万象。

各分野の選りすぐりが集められているので

とにかく、びっくり、珍品、名品揃いなのだ。

だって、入っていきなり、「呪われたアメジスト」だもの。

持ち主は必ず不幸になるというj怖~い宝石だ。

どこかのサイトに、見るだけなら大丈夫と書いてあったが

ワタシ、穴が開くほど、かなり見ました(大丈夫…か?)

次に、話題の三葉虫の化石。その解説は――

「集団で交尾中に窒息死した三葉虫」だって。

幸せなのか、不幸なのか、ドラマチックな奴らでした。

6月11日が最終日。もう一度行きたいなぁ~happy01

shine03

今日は布施知子さん作の「せせらぎ」という作品。

「せせらぎ」というからには、

水をイメージさせる青ですよね~と思ったのだが

その日、東京は30度近い猛暑で、頭の中は真っかっか。

暑くてたまら~~んと作っているうちに、いつのまにか、

「せせらぎ」ならぬ、「火の玉」になってしまった。

皆さまはぜひ、爽やかな「せせらぎ」をお作り下さいませ confidentheart04

soon 出典は布施知子著「初めてでも組めるくす玉おりがみ」でした。

shine

04 ランキングに参加中shine

ポチットひと押し、お願いしま~すhappy01heart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

« 279 ツインエッジ | トップページ | 281 両面かめのこ凸型 正20面体 »

出典:布施知子著『初めてでも組めるくす玉おりがみ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571963/65360103

この記事へのトラックバック一覧です: 280 せせらぎ:

« 279 ツインエッジ | トップページ | 281 両面かめのこ凸型 正20面体 »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ