« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

256 シルバーナさんの五角形

04 いいもの見つけたっsign03

久しぶりに、正多面体を作ろうと思って

ネット上をウロウロしていたら、

見つけちゃったぁ happy01

今日のはおススメですよ。

ユニット折り紙ファンの中には

複雑なユニットを、折り込んで、折り込んで

作っていくのが好きな人もいるかもしれないが

最近のワタシは諸般の事情から

単純な構造なのに、短時間で、しっかり組みあがる

というのが好きである。単純ならば覚えやすく、

ラクだから、作り易くて、大人も子供も楽しい。

で、今回は、Silvana Betti Mamino さん作の02

N°14-Modulo facile 』という作品。

イタリア語かしらん…?作品名の意味が分からないので

ワタシは勝手に「シルバーナさんの五角形」と呼んでいる。

他人の作品に勝手にアダナをつけちゃいかんぞぉ~~poutdash

という方は、正式名称の方でご記憶くださりませ。

shine

写真をご覧いただければ、一目で分かるが

もちろん、五角形ではない。正12面体である。

だけど、それだと少々語呂が良くないので、とりあえず

「シルバーナさんの五角形」としているのでございますよ。03

shine

この作品は、1対ルート2 のサイズで作る。

ああ、もう、ヤッ、聞いただけでわかんない~~という方は

A4の紙を八分割してお作り下され。

だから、え~っと、A7かしら。葉書の半分のサイズです。

手元に折り紙しかないもんねぇ~~~ッ、という方は

とりあえず、5×7.5cm の長方形でお作り下され。

ちょいと、いい加減だけど、それはそれ05

遊びがあるので、良い加減に仕上がりますぞ。

それだけ、スグレモノのユニットなのねぇ~~happy01heart04

soon 超簡単の折り図はこちら(PDF)へ。

shine

01 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いします

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2017年3月23日 (木)

255 Morning Star

01 今回の作品は「255 モーニングスター」。

ブログを始めて二年目頃から、同じ作品は

二度作らないようにしようと決めていたのだが、

250回を超えると、さすがに、お気に入りの作品は

全部作ってしまったので、未知の領域に手を出すことになった。

未知の領域とは「タイプじゃないの」とか「苦手なの」とか

いうもので、そういう作品は、早い話、

上手く作れないので避けて通っていた作品だから、

作っても下手が目立つ。

あらまぁ…ブサイク…、色が失敗と、残念賞が多くでる。

今回もそれで、完成品を見て思わず呟いた。

「おこぜ…sign02」 全然、モーニングスターじゃないやん。

赤だったら、完全に「おこぜ」だぜ。

shine
03b

02b_2 三角のツンツンしている部分を

← 写真のように膨らませたら

「おこぜ」じゃなくなるかしらん…coldsweats01sweat01

soon 作り方写真解説はこちらへ

本物のモーニングスターはもっと輝いていますので、

ぜひ、モーニングスター=明けの明星 を作ってみてね happy01heart04

shine

04b_3 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いします

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2017年3月19日 (日)

254 かえで

01 暖か~~い shine

ただそれだけなのに、なんか嬉しい happy01

ウキウキするheart04

朝いちで、暖房のスイッチを入れなくても平気。

それもそのはず。

今日、東京は朝からポカポカ陽気でsun

温度計は朝から20度近くもある。

どうりで、暖かいはずだわ。

もうそろそろ厚いセーターを脱いで、春の装いでいいかな。

というわけで、

今日は、春っぽいものを作りたくて

かえで」。

春なのに、何で「かえで」ですかぁ~~sign03

と、思われるかもしれないが、

色と模様です。折り紙の模様を綺麗に見せられる形を探していたら

これになりました、とさ coldsweats0102

03

お気づきの方も多いかもしれないが、

この「かえで」は、『かわいい花のくす玉折り紙』という本では

ろうばい」という名前で紹介されている。

このブログでも、「196 ろうばい」として2年前にアップした。

soon 今回見た本は 布施知子さん著の『はじめてでも組める くす玉おりがみ

「かえで」や「ろうばい」といえば、秋や冬を彩る花だが、

桜の模様の折り紙をきれいに見せたくて使って見たら、とっても春モードになりました。

少しでも、春の気分が伝われば、うれしいなぁ happy01shine

shine

02_2 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いします

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2017年3月13日 (月)

253 アマリリス=バーベナ

106a1028 布施知子さん著の『はじめてでも組めるくす玉おりがみ

という本を見て、『アマリリス』を作り始めたが、

何か変、これ知ってる…、見たことある…sign02

flair と思って気がついた。

これは『花まり』に載っている『流れ違いどめⅡ型』じゃないですか。

同じ作品なのに、本によって名前が違う sign03

あらあら、ややこしや~。なんだけど、だけどさ、

たしか、ワタシ、2014年に『 173 バーベナ 』という名で

『流れ違いどめの鉤(かぎ)組』をアップしましたよ。

その時は『かわいい花のくす玉おりがみ』という本を見たんだった。

ってことは、流れ違いどめ=バーベナ=アマリリスですか。こりゃぁ、ますます、ややこしや。

出版は『花まり』→『かわいい~』→『はじめて~』の順か。

『流れ違いどめ』より、お花の名前の方が綺麗なイメージが広がると思って

編集者が変えたのかしら。

でもさ、『流れ違いどめ』で慣れてるワタシには、

二度の名前変更はツライ…coldsweats02sweat01

06

shine

というわけで、今日は、はからずも『アマリリス』となりんした。

でも、本のままじゃ面白くないので、鉤組みにした。

考えてみれば、本が出るたびに、名前の変わったことにも気づかず

『流れ違いどめ』を毎回作っているワタシ。

この作品が、どんだけ好きなんだぁ~~~heart04

同じ作品は二度作らないと思ってたのに、やっちまいました。

かなり作るまで気づかない自分にトホホですぅ~~coldsweats02sweat01

詳しい説明は去年書いた 「213 流れ違いどめ」へ。

ちなみに、めんこ・くさびユニット=ソレイユ。

ろうばい=かえで に替ってましたっけ。

WBCオランダ戦を応援しながら折り紙したのが失敗のもとかしらん…。

shine

C14 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いします

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2017年3月10日 (金)

252 Kalami の薗部バリエ

01 これ、スゴイよ、これ~~sign03

ニフティの注目ニュースにある『自販機の「謎のペプシ」という記事

手書きで「ペプシ」って、これ、笑えるわぁ~~~何度見ても、アハハ。

も~、笑い過ぎて、手までおかしい。

何度やっても、「ペプソ」になっちゃう~~coldsweats01

でもって、

こういうのを、買ってみようっていう人がいるから、

世の中は面白い。

ちょいと、ひっかかってみようっていう遊び心が、スキだなあ happy01 heart04

で、結局、何が出てきたか…sign02

それは、記事を読んでのお楽しみ~~~happy01shine

shine

さて今日は、Kalami というサイトに載っている05『薗部バリエーション』を作ってみた。

紙を四つ折りにした後、薗部ユニットは角(かど)を折るのだが、

こちらは辺そのものを折る。なので、「バリエーション」。

で、その辺の折り方によって、模様の出方が異なるので、全部、作ってみた。

詳し折り図は soon こちらをご参照。組み方だけなら、soon こちらに動画あり。

4a 4b 4c

左:左右とも谷折り(サイトの4a)。白い部分は出ないので、くすだまは無地一色。

中:左が谷折り、右が山折り(サイトの4b)。「手」と「山」の部分に白が出る。

右:左右とも山折り(サイトの4c)。

「手」と「山」とその間にある「白角(着物の衿みたいな部分)」の三つに白が出る。02_2

shine

4b4b_2 この「白角」が出る折り方が、去年ご紹介した

231 薗部バリエ白角 』に似ているなぁと思ったので、

作って比べてみた。去年の『231』はピンタレストという

画像収集サイトで「折り方写真」を見つけて作ったのだが

残念なことに、リンクが切れていたため、作者も正式な名前も分からないままだった。

もしかして、Kalami の『薗部バリエーション』かなと思ったのだが、結論から言うと

別物だったみたい。「白角」は出るが、その他の白い部分がちがうし、組んだ姿もちがった。

下の写真(二枚とも)左がKalami の4bの変形。左:谷折り、右:山折りの 4b だが、

231と「手」の向きを合わせるため、Kalami 紹介する折り方とは逆に折っている。

そのため、模様の出方が上記の4b(オレンジ色)とは異なる。これは、面白いsign03

下の写真の、右側に写っているのは、どちらも去年ご紹介した『 231薗部バリエ』。

07_4b03 08_4b03

結局、『 231 薗部バリエ白角 』の出自は分からなかったし、少々、理屈っぽくなっちゃた。

でも、とにかく作ってみてくだされ。Kalamiのサイトへは上記リンクから。

231の薗部バリエ白角は右のマイフォト欄に作り方紹介あり(おススメですぅ~shine)。

ところで、Kalami の薗部バリエ、どうにもこうにも組みにくくて、

部分的に糊付けしないと、組めなかったよ。

もしかして、どこか重要なストッパーを見逃しているのか sign02

どなたか、ご存じの方、教えて下され~~~coldsweats01sweat01

shine

03_2 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いします

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

2017年3月 1日 (水)

251 コーナーポケットⅢ型 かぎ組

00a12 今年もサラリーマン川柳の季節になった。

2月中旬に発表されていたのに、

ずっと気づかなくて、今日ようやく、

サイトで百選を見てみたが、

55067句の中から選ばれた百句とはすごい。

どちらかと言うと、私は

爺ちゃん・婆ちゃんネタが好きなんだけど

今年はあるかなぁ…。

例年より少ない気がするけれど、でも…

病院で サミットしてる 爺7

なんて、おもしろいね。

shine

さて今日は、コーナーポケットのⅢ型を作ってみた。00b11

以前、242回でⅡ型をアップした。Ⅱ型は薗部ユニットと同じ、

一般的な組み方なのに対して、Ⅲ型は鉤組(かぎくみ)をするタイプ。

五本の稜線が交わる部分を中心に囲むように柄が出るので

Ⅱ型とはまた一味違った色合わせを楽しむことができる。

トップの写真は基本の組み方。

それに、ひと折り加えたのが、右→フェースの模様変わり1。

さらに、ちょっと手を加えると、下の左、フェースの模様変わり2になる。

下の真ん中は、左と同じ材料で作ったコーナーポケットⅡ型。

左がⅢ型で、真ん中がⅡ型。

一番右は、トップの写真と同じ材料で作ったⅡ型。

同じ紙を使っているのに、組み方が違うだけで、

全然、別物になるから不思議。見比べてみてね。

00c13_2 0023 0021

ユニットは、7.5×3.75cmの折り紙2枚1組。なので60枚。

soon 出典は布施知子著『花まり』でした。

shine

00b11_3 ランキングに参加中。

ポチットひと押し、お願いします

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ にほんブログ村

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

ランキング


01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ