« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月23日 (月)

214 Rose Unit

21401_3ああ、面白かった!

久しぶりにユニット折り紙らしいのを作った気分。

この作品はご覧のとおり、ユニットを重ねて

巻きながら成形するタイプ。

こういうのって、枚数が重なれば重なるほど

紙の厚さで誤差が出て、稜線が綺麗に出ない場合が多い。

稜線が綺麗に出ないと、なんだか、グズグズっとして

仕上がりが美しくない。だから、やなのよね。

これもそうかなぁ…と思っていたが、

やってみると、予想に反して綺麗に重なり、しっかりと組みあがった。

うふふ~、いいの見つけた!

ユニットも簡単だし、さすがは布施さん heart04

21402_4アタシがやっても綺麗にできるってことは、

誰がやっても100%オッケー牧場なのだ。

shine

サイズは7.5cm角の正方形。。(間違えちゃった!)

1対2の長方形×30枚。今回は3.75×7.5cm。

サイズを小さくして、赤と緑で作ったら

クリスマスの飾りに使えないかしら happy01

詳しい作り方はこちらの動画へどうぞ。

soon 11月25日追記。

flair大変sign02上でご紹介したリンク先の内容が変更されて、作り方が消えてました。

どこかで作り方を紹介していないか、只今、Webサイトを捜索中。

作家は布施知子さんらしいのですが、出典をご存じの方は教えてください。トホホ…coldsweats02

soon 11月26日追記。

しるばー・Gさまより、コメント欄に、この作品の出典をお寄せいただきました。

書名は下のコメント欄をご覧ください ↓

shine

21403_2 ランキングに参加中。ポチットひと押し、ねheart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村

2015年11月 1日 (日)

213 流れ違いどめⅡ型

21301_2今日は布施知子さん著の「花まり」に載っている

『流れ違いどめⅡ型』を作ってみた。

これは大好きな作品で

手持無沙汰で、何か作りたいなぁと思う時に21311

ついつい作ってしまう作品なのだ。

そういう作品は単に作り易いだけではなくて

きっと生理的に自分に合うのではないかしら…

なんて、勝手に思っているのだけれど、

実は、こういう、リピート率の高い作品は、私の場合、意外に少ない。

ブログでは、作品をダブって載せたくないので、大抵は一期一会なのね。

さて、この作品は、鉤(かぎ)組もできるので、普通のタイプと鉤組の両方を作ってみた。

shine

まずは普通のタイプ。

左のユニットを組むと、ピラミッドの頂点を囲むように濃い色の部分が出る。

21302 21304_2 21305

一方、下は鉤組みの場合。

ユニットの折り方は↑と同じだが、折り線のつけ方が異なる。

21308 21310 21306

濃い色の部分が輪のようにつながるので、お花のようでラブリーheart04

普通のタイプも鉤組みも、用紙はどちらも 3.75×7.5cm。

ピンクのギンガムチェックと茶とグレーの両面折り紙を30枚ずつ使った。

shine

21312今日はハロウィンだとか。渋谷から帰ってきた家族が

「仮装の人がものすごいよぉ」と言っていた。

コスプレって、一度やったら、楽しさに目覚めちゃうのかしら。

ちょっと興味あり~~coldsweats01

ランキングに参加中。ポチットひと押しお願いしま~~すheart04

 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ