« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月23日 (日)

169 Passiflora 4 時計草

P1040378_6三連休の最終日。

東京は快晴で、ポカポカ陽気。

昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言うとおり、

気分がウキウキするような暖かさだ。

なので、春らしい、ラブリ~なものを作りましょう

というわけで、今日はこの作品。

お馴染み、E.Lukashevaさん作の

Passiflora』の4である。

shine

エカテリーナ・ルカシェーバさんの作品は

折り方が簡単なわりに、豪華に仕上がる作品が多いので、

世界中のユニット折り紙ファンに愛されている。

それに、彼女のサイトでは、折り図DIAGRAMもたくさん公開中なので、ぜひ、覗いてみてね。

Dscn9782  Dscn9785

左はユニット単体。右は3つ組んだところ。この要領で30個を組む。

P1040351  P1040353  P1040380  

左はユニット30個を組んで、正面だけ、花びらを開いた形。 中:それを横から見た写真。

花びらが無いと、ただのくす玉だけど、花が咲く(右)と、作品に動きが出て、可愛くなる。

用紙サイズは7.5cm角×30枚。今回は二種類の紙を使った。

薄いブルー地にバラの模様の折り紙(裏白)。薄いブルーと黄緑の両面折り紙。

shine

エカテリーナ様の作品~これまでに、こんなのを作りました。

053_20110926  05320110926  127_passiflora_20121110

左:053 アンドロメダの表組み。中:053 アンドロメダの裏組み。右:127 Passiflora-1

128_passiflora_20121127  134_stella_rhombica_20130123  163mandragora_nromanenko20140124

左:128 Passiflora-1のアレンジ。中:134 ステラ・ロンビカ。右:163 マンドラゴラ

shine

021_20110502 ポチッとひと押し、お願いしま~すheart04happy01

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村

←こちらの作品は、フランシス・オウさん作の『羽のあるハート』。

2011年5月2日「空飛ぶ思い、羽のあるハート」でアップしました。

2014年3月14日 (金)

168 薗部ユニットで作る五方十二面体

16830今日は薗部ユニットで作る五方十二面体のお話。

この作品はとても人気があって、いつも右の方にある

人気記事ベスト10に入っているのだけれど、

60ユニットと枚数も多いし、組み方も少々複雑なので

上手くできなかったというご報告も頂いている。

たしかに、004回でご紹介した時は、ブログを始めた頃で

見せ方も上手くなかったし、小さいのに凝っていたので、

3.75cm角というミニサイズで作ったため、作品の出来も良くなかった。

なので、今回は皆さんにぜひ完成させて頂きたく、

写真を多く撮って解説しようと思う。

今回のサイズは7.5cm角の正方形。

普通の折り紙が15cm角なので、それを四つに切ったサイズだ。

今回、使った紙は折り紙、いろんなお店の包装紙、チョコの包み紙など。

なお、ユニットは簡易式薗部ユニットを使った。

詳しい作り方は soon こちらoneから⑬まで)を見てね。

shine

組み方が少々難しいといっても、実は同じことの繰り返しなので

コツさえ掴んでしまえば、何のことはない。

ポイントは3つ。

16812 16822 16826

その1:写真左。薗部ユニットの折り線は左から、山・山・谷折り。

その2:写真中。まずは5つのとんがりを作ろう。

その3:写真右。構造を知れば大丈夫。5つのとんがりは3つでつなぐ。

では、スタート。

16813 16814 16815

青いユニットのポケットに、黄緑の山折りの方の手を差し込んだら、

黄緑の反対のポケットに青を差し込む。これで第一歩が完成だ。

16816 16817 16819

青の手を3つ目のユニット(茶色)の山折りのポケットに入れたら、

4つ目のユニットの山折り側の手を茶色に入れて、

青と黄緑を組んだ時と同じように、裏側で、茶色と組む。

16820 16821 16822_2

この要領で繰り返していくと、写真右のような、5つのとんがりが完成する↑。

16823 16824 16825

さて、ここからがポイント3。五方十二面体とは五角形が隣接する形なんだけど、

その隣接部分が三角形になっているので、それを3つのとんがりで作っていく。

とんがりの先端を線で結んだ形が五角形。そうイメージしながら作ると間違えない。

先程の5つのとんがりで、緑と紺色はすでにできているので、

今度は3つ目のとんがりを作る。水色のユニットを用意して黄緑に組む。

さらに、水色の谷側のポケットに新しいユニットを挿し込み、後ろ側で同様に組む。

それが下の左の写真。(soon マイフォトの「資料箱」に、もう少し大きい写真があります)

18626  18627  18628

写真左。時計回りに、水色、紺色、緑色と3つのとんがりが完成した。

今度は水色と紺色をベースに5つのとんがりを作っていく。

この繰り返しで、五方十二面体はやがて完成へ向かってGO!

ぜひお試しあれ~~ happy01

109star_sea23320120426_2ランキング参加中 shine ポチッとひと押し、お願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村

←こちらの作品は109 Star sea」2012年4月26日の記事より。.

2014年3月 7日 (金)

167 両面かめのこ凸型90枚組

16702_2介護が忙しくなったので、

ずいぶんお休みしてしまった。

更新しない間もご覧いただき

ホントにありがとうございますheart04

shine

今日は164回で作った

両面かめのこ凹型90枚組の凸型版を

作ってみた。と言っても、実はこれ、

浅田真央選手がソチで迫真のフリーを

披露した頃に作っていたもので、

忙しくてアップするのが遅れただけなんですけど…coldsweats01

shine

164回の作品は凹型なので、全体に窪んだスタイルだが、

今回は凸型だから、やっぱり、でっぱってる(当たり前か!)16701_2

でも、五角形の周囲を六角形が取り巻く形なので

緩やか~にでっぱってる感じ。

切頂正二十面体な~んて、

いかめしい名前の形だけど、凸型で作ってみたら

モッコリしていて、な~んか可愛いですね。

星が浮き出る配色にしてみました shine

用紙サイズは7.5×3.75cmの折り紙90枚。

ユニットの折り方は

布施知子著『ゆかいな多面体』に載ってま~す happy01heart04

shine

076electra20111226試しに参加してみました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
にほんブログ村

ポチッと一押しup、ぜひお願いします flair

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ