« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月23日 (月)

160 Neptune

16001毎年、何かひとつ、クリスマスツリーに

小さなくす玉を飾って楽しんでいる。

今年は何を作ろうかしら…などと考えているうちに

もう23日。急がねば!

というわけで、今日はこれを作ってみた。

Valentina Minayevaさん作の『 Neptune Kusudama 』。

ネプチューンということは、

海王星をイメージした作品ということかな。

「原~田泰造です!」の方だったら、ウケるんだけど、

海外の作家さんなので、たぶん海王星ですよね。

クリスマスツリーの他の飾りに溶け込むように、小さく作りたかったので、今日は12枚組にした。

shine

用紙は7.5cm角の折り紙。16004

難しい折り方はないし、折る回数も多くないので、作り易いタイプかな。

16007 16008  16009

ポイントは、最初に紙を正確に三つ折りにすることと、

最後に細く折り返して白い線を出す時ぐらいかな。soon 作り方動画はこちらへ。

16006 16005 16003

左がユニット。中央は折った直後の様子。このツンツンをお好みでクルクルっとね。

組み方はとてもシンプル。薗部ユニット12枚組と同じである。

shine

16002_3年の瀬は何かと忙しくて、よく動くせいか、

何を食べても美味しくて…。お蔭でちょっと太ってしまった。

忘年会にクリスマス、お正月に新年会と

これから美味しい物が目白押しの季節なのに、ああ…

今日からダイエットせねば!

幸い、甘い物が苦手だから、2キロぐらい、すぐに落ちるさと

タカをくくっているワタシ…

この考え、甘いかしら shinecoldsweats01

2013年12月18日 (水)

159 クリスマス・リース Christmas Wreath

15901ふと思ったのだが、「師走」という漢字、意外と難しくない?

知っているから読めるけど、知らなきゃ絶対読めない。

それに、そもそも、「しわす」って何だ?

「師匠(お坊さん)があっちこっち馳せる」様子から

「師馳す=しはす」が転じて「師走」になったという説を

聞いたことがあるが、いまいちピンとこない。

お坊さんが駆け回るのなら、

お彼岸が師走でも良さそうな気がするが…。

12月の言い方にはいろいろあるが、

個人的には「極月」というのが一番好きだ。「ごくげつ」という音も何となく凄味があって、

今年もいよいよ極まったなぁという感じにぴったりする。

shine

さてさて、無駄話は置いといて、今日はクリスマス・リースですよ。15902

来週はもうクリスマスですからね。

折り方は soon こちらの動画サイトにお任せして、写真をご覧いただきましょう。

用紙は正方形。今回は15cm角の折り紙を使った。

裏面は出ないので、裏が白い普通の折り紙で大丈夫。

下がユニット。全部で8ユニット作る。

15906 15904

上の写真の左側が折っただけのもの。

それでもいいのだが、少し変化をつけたかったので

例によって爪楊枝でクルクル~~。葉っぱの表情を変えてみた。

15908  15910 15907_2

このユニットは基本、折り線勝負。折り線をしっかりつければ、あとはラクラクで~す。

それに、ユニットは組まずに糊付けするので、とっても作り易かった。

動画サイトのように、葉っぱの中心にビーズをつけると、キラキラ度はぐ~ンとアップする。

shine

1590320日を過ぎれば、「極月」も大詰め。

掃除に、お節料理に、きっと忙しくなるんだろうなぁ。

年賀状も書かなきゃならないし、

網戸も洗いたいし、クローゼットや押入れの掃除も。

お年玉用に新しいお札も用意しないといけないし、

パソコンの中身も整理したいなぁ…。

けっこう大変じゃございませんか。

でもでも、まだまだ作りますよ~~shine

忙しい合間に折り紙で楽しみましょうっと happy01heart04

2013年12月15日 (日)

158 Cool Snowflakeのアレンジ

01我が家の庭に面した部屋に提灯が沢山下がって、

ミラーボールの光がキラキラ shine

そこに、ミニスカート姿の瀬川瑛子が登場して熱唱していた。

い~~のち、くれ~~な~い~~note

庭は近所の人で満員。

みんな拍手喝采で、口々に話している。

「感動したわぁ~~」

「やっぱり本物の歌手って上手ねぇ」

それを一番後ろで眺めているワタシ…

狭い庭に、何でこんなに大勢の人がいるんだろう…

っていうか、なんで、うち?

というところで、目が覚めた。02

なんだ、この夢?

長い間、山下達郎ファンだと思っていたけれど

もしかして、深層心理の中では演歌ファンだったのかしら…。

でも、「瀬川瑛子でございますheart04」という、あのセリフが聴けて良かったぁ~~

shine

さて、今日はアレンジ編。雪の結晶を作りましょっと。

前回、お知らせした基礎編の動画の後半部分で説明しているタイプである。

詳しい折り方は soon こちらの動画を見てね。

53  56  59

7.5cm角の折り紙を6枚用意して、観音開きに折ったら、両端を半分にしてと…。

折り方はとっても簡単。組み方に慣れてくれば、30分もあれば完成する。

61  62  64

ポイントは写真の黄色い線(トップの写真なら白い線)をきれいに折ることぐらいかな。

細いから、ちょっと慎重にね。写真右がユニットの完成図。

05shine

両面折り紙を使ったら、こんな感じになった。

裏も表もカワイイので、両面で楽しめそうだ。

 06

shine

動画では、雪の結晶の他に、ウサギのアレンジも紹介しているので作ってみた。

03_3shine

ウサギは少々手が込んでいて、時間がかかったなぁ。

用紙は折り紙を半分に切った7.5×15cmの長方形。

耳や頭を作るので、けっこう折り込みます。

詳しい作り方は soon こちらの動画へ。

こちらは両A面ではなくて、裏は本物の裏面だった。

撮影してみて思うのだけど、

なんか、イマイチ可愛くないのは、配色のせい?微妙~なんだけど…coldsweats01sweat01

2013年12月 9日 (月)

157 Cool Snowflake の基礎編

15701_2今日は前回ご紹介した『 Snow Flake 』の基礎編

前回のアレンジがあんまり綺麗だったので

思わず、そちらを先にアップしてしまったが、

本来なら、基礎編から先にご紹介しないとね。

で、左がそれ。15710

前回に比べると、シンプルでしょ。

見ただけで、すぐ分かる。

ハイ、折り紙は6枚だけで~す。

ユニットの作り方も超簡単で、

1ユニット2分で完成。忙しい師走にピッタリでしょ。

クリスマスも近いので、今日は赤と緑を使ってみた。

中心部分は折り紙の裏面が出るので、

白一色だと、ちょっと寒い感じかな…。なので、両面折り紙にした。

15702 15704_2 15705

左がユニットの表と裏。用紙は7.5cm角の正方形×6枚である。

赤と緑を交互に組んでいくと、裏側に、三角模様が現れてくる仕組み。

15706  15707   15709 

組み方も超シンプルで、組んだ紙の裏の三角(写真左)に下の紙をかぶせるだけ(写真中)。

これだけで、しっかりと組めるのだから、

作家のフランシス・オウさん、いつもながら、いい仕事してますね。

詳しくは soon こちらの動画を見てね。

15708_2この手の輪になる平面を、日本ではリング、海外ではリースと呼ぶが、

輪っか系は、たいていの場合、最後の一枚の処理がちょっと面倒。

中に入れ込まないとダメなのね。

作品によっては、ちょっと無理では…というような

大胆な処理をするのもあるけれど、この作品は大丈夫。

仕組みが単純なので、理解すれば無理なく完成できる。

まだまだアレンジもあるので、次回にご紹介しようかな。

忙しい師走のひと時、6枚でできるクリスマス飾りshine

おひとつ、いかがでしょheart04happy01

2013年12月 2日 (月)

156 Cool Snowflake

15601見つけちゃった!

最近、目新しい組み方に出会うことが少なくなって

何となく新鮮味に欠けるなぁ…と思っていたら、

見つけました、これ!

フランシス・オウさん作の『 Cool Snowflake 』。

とにかく、組み方が面白い。

鍵の手状の部分をもう一枚にひっかけて

しっかりロックするやり方で、

6ユニットを正しくロックすると、

ガシっと組み合わさって(←写真の中心部分)全然外れない。

全然外れないから、先端部分を扇型にしても平気だし、

例えば、細長~い長方形を使えば、天地の両側で組んで、くす玉を作ることもできる。

P1030926 P1030929 15605

写真左の点線は折り方。扇型の部分もすべて一枚の紙で作る。

リングは普通、真っ平になるのだが、これは扇のぶんだけ盛り上がって、ちょっと立体的になった。

15×7.5cmの折り紙6枚組。用紙サイズが1対2なので、どんな大きさでも自由自在だ。

詳しい作り方は soon 動画サイトで見てね。

15603  15604

今日は同じ色の折り紙で2タイプ作ってみた。この二枚はトップの写真と表裏が逆で、白い面が表に出るパターン。

黒いバックに映えるなぁ。↓下はトップの写真の裏面である。

15602_4shine

裏白の折り紙で作っても綺麗だけれど、

派手な包装紙や両面折り紙を使えば、もっと華やかになると思う。

動画サイトは赤と緑で紹介しているので、

クリスマスの飾りにも使えるかも。

今回、ご紹介した作品はバリエーションなので、

当然、基本形もあって、そちらもシンプルで素敵。

アレンジもできるので、近日中にアップしようと思う。

いつもは立体を作っていたけれど、たまには平面もいいね happy01

shine

これまでに作った平面作品の一部をご紹介。

013220110321   021_20110502  11301_3  

左:『013 もう一度、鶴の輪』より、フランシス・オウさん作の「 Peace Crane 」。

  簡単で、カワイイ。soon 作り方動画はこちらへ。

中:『021 空飛ぶ思い…羽のあるハート』より。

  フランシス・オウさん作の「 Origami Heart with Pleated wings

  soon 作り方の動画を見つけたけれど、最後の処理がちょっと違うみたい…。

右:『113 年賀葉書の鍋敷き』。検索すると、折り方を紹介したサイトは沢山ある。

  unit fun は soon こちらにお世話になりました。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ