« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

154 牡丹

15408_4偽装だ、誤表示だと、テレビは朝から喧しい。

ホテル側は訴訟に発展した場合を懸念して、

決して偽装と言わないのだろうと、テレビは説明するが、

大阪のおっちゃんがインタビューで言っていた。

「安いもん使うて、高い値段とっとったら、

わしゃ、詐欺やと思いますわ」

これが庶民の本音とちゃいますか。

ま、そういう、とんがった話は置いといて、

今日は久しぶりのクルクル。

布施知子さん作の『牡丹』である。

出典は『かわいい花のくす玉おりがみ』。

タイトルどおり、可愛くて、綺麗な作品のオンパレードである。

shine

ピンクのクルクルと空色の部分は別の紙。

二種類の紙を組み合わせてユニットにしている。15405_2

15403  15404_2

左がユニット。右はユニットを3つ組んだところ。

ベースとなる空色の折り紙は 3.75×7.5cmの長方形。

ピンクのクルクルは7.5cm角。

今回は12ユニットで組んだので、それぞれ12枚ずつ使用した。

shine

15407_4ユニット自体は簡単だが、

正直、unit fun には少々、組みにくかった。

せっかくのクルクルなのに、

綺麗に仕上がらないので

当初の30枚組を断念して、12枚組に変更 coldsweats01

30枚組だと、もっと豪華で、花手毬みたいになるのね~

(作れる人がウラヤマシイ~~sweat01

shine  shine  shine

cute 過去のクルクル履歴

今までに、こんなクルクルを作りました(日本の作家編)

055_20111008 05606 133_1009_20130114   

左:55 菊花。北條敏彰氏作「変形ユニット5」にクルクルを加えたもの。

     オススメ!簡単なわりに、予想以上に豪華に仕上がります happy01 heart04

     出典:かならず作れるユニット折り紙。

中:56 くるくるのアリ地獄。布施知子氏作「アリ地獄」。出典:ユニット折り紙ファンタジー

右:133 浮きポケットカールⅡ型。布施知子氏作。出典:花まり。

2013年10月13日 (日)

153 Ruby Flower

16201_410月13日、晴天sun

夏の間、猛暑で母が体調を崩してしまったので

ブログをお休みしていたが、ようやく回復して

一段落ついたので、今日から再開!

また、いろんな作品をご紹介しましょうっと。

まずは、unit fun が大好きな Natalia Romanenko

ナタリア・ロマネンコさん作の『 Ruby flower 』。

組み方が簡単なわりに仕上がりが綺麗~!

それが大好きの理由。ユニット折り紙の中には、組み方が複雑で、

組んでる途中で、頭が混乱しそうなタイプも多く、

それはそれで「挑戦意欲」をそそられるけれど、

どちらかといえば、マニアックな感じがする。

やっぱり、5、6枚組めば、あとはスイスイ進んで 16203_3

仕上がりの形や模様が容易に予想できるタイプが好きだなぁ。

だって、そういうのだと、初心者も、マニアも、子供も、お年寄りも

みんなで楽しめますもの。

16206今回は折り紙の裏の模様が出るので

水玉と縞模様の両面折り紙を使ってみた。

ユニット数はいつもと同じ30枚だが、

サイズは、5cm×7.5cmの長方形。

15cm角の折り紙を三等分する折り方もあるけれど

手間なので、unit fun は定規で測る。天地を5cmずつ測って切れば、

あとは折るだけで、5cm×7.5cmの長方形になるから、その方が手早い。

組み方だけでなく、折り方も簡単。短時間でユニットが作れるというのも、意外と大事なのよね。

soon 作り方:動画はこちらへ。写真で解説する折り方はこちらへ。

shine

16205今回、ご紹介した『 Ruby flower 』は、ニックロビンソンさん作の

Ruby Unit 』にヒントを得て作った改良作だとか。

その『 Ruby Unit 』が←こちらで、A版の紙から作る。

上の『 Ruby flower 』ほど派手ではないが、

ゴズゴズっとした感じが面白いなあと思ったので

ワンちゃんにゴロゴロしてもらいました。

見た目はシンプルだけど、こっちの方が難しかった。

soon ルビー・ユニットの作り方はこちらへ。Ruby Unit by Nick Robinson.

皆さんも、ぜひ作って楽しんでみて、ね heart04

shine

fuji 去年の今頃はこんなのを作ってました happy01

12506_2125回 Clover Kusudama

マリア・シナヤスカヤMaria Sinayskaya )さん作。

今回のルビーフラワーと同じ折り紙を使っています。

こちらも作り易くて、おすすめ!

soon 折り図はこちらへ。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ