« 131 こいつぁ春から | トップページ | 133 浮きポケットカールⅡ型 »

2013年1月10日 (木)

132 Igle Curly type

13204何日連続だか知らないが、晴天続きの東京。

ずっと雨が降らないから、街も家もカラッカラ typhoon

町内会では毎晩、拍子木を打ちながら、

火の用心を呼びかけている。

そんな東京の深夜1時半、また見てしまった sign03

119回の記事「キュービックスター」で書いた謎の動物が、

電線の上をゆっくり歩くのを見たのだ。

左の写真の作品の後ろに写っている、あの太い電線の上を、である。

体長は約60cm。尻尾がフサフサと長かった。

思わず「あッ!」と言ったら、振り向いたその顔に白線は無かったから、

ハクビシンでないことは確かだ。だとすると、イタチかな。

前回見たのが8月17日だったから、あれから約5ヶ月、

目撃情報は一切聞かなかったが、まだ、この辺にいたんだなぁ。13201

でも、一体どこで暮らしているのか。謎は深まるばかりである。

shine

さて今日は、Lukashevaさん作の『Igle』を作ってみた。

本来はカールしない、ウニのような形だが、

Unit funはクルクルマニアなので、カーリータイプを作ってみた。

7.5cm角の折り紙の30枚組。

一見して分かるとおり、この作品のポイントは先端の鋭さだから

鋭角をきれいに折り出す必要があり、その点だけ難易度は上がるかな。

先端のとんがりはユニット3枚でできている。

でも、難しいのは鋭角の部分だけで、比較的作り易い作品だった。

shine

13202_2Unit funは折り図を見て作ったが、動画サイトでも

丁寧に折り方を解説しているので、

興味のある方はぜひ検索されたし。

今夜もアイツが綱渡りならぬ、電線渡りをしていないか

窓の外を眺めてみたが、見えなかった。

明日は公園のそばのおばちゃんたちに話してみようっと。

では、また、ねheart04

« 131 こいつぁ春から | トップページ | 133 浮きポケットカールⅡ型 »

エカテリーナ・ルカシェーバさんの作品」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
いつも楽しみに拝見させていただいてますhappy01
今回のものは、その色と先端のシャープさから、スカイツリーを
連想しましたflair ご縁があって、昨年2度登頂しました。
また今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

師匠~、おこんばんわぁhappy01
今回の作品でflair思いついたのは、戦隊ヒーロー物に出てくるロボットcoldsweats01sign02
1枚目のお写真で、そんな風に想像しちゃいました。
ブルー系(紫も入ってますよね)、オレンジ系、
どちらも同じ作品には見えない雰囲気です。
2枚目のお写真のマット(?)は折り紙ですか?それともパッチワークthink
そこいらへんも気になりますぅ~。

いつものブログを開いた時に目に飛び込むユニットの第一印象
今回は宇宙ステーションがやって来たのかと思いました(笑)

覚えています!
まさかのウナギ犬?でしょう(笑)
また出現したんですね。今度こそ撮影に成功して下さいねscissors

ともさんと同じく私も2枚目のお写真のマット(?)気になります。
折り紙でつなげたんでしょうかね?

いつも、ポチッとありがとうございます。今年も宜しくお願いします。

さて、謎の動物ですが・・・、
しっぽが、太めで、長さが体の半分くらいだとリスの可能性もありますが、
体長60cmはリスより大きいです。しっぽがそれほど長くないならイタチが濃厚でしょう。

鳴き声は聞きましたか?
我が家の近くにいるリスは、「カコカコカコ」と木を叩くような高い鳴き声です。
隣の森を目指して、電線を平気で渡って行きますよ~。

タヌキ、ハクビシン、イタチなどの雑食動物は、都会でもたくましく育つようですね。
見ているだけなら楽しいのですが、電線や食べ物をかじったり、糞尿などの問題
もあるので、屋根裏などに住みつかれないようにご注意下さい。

cute くまモンママさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
スカイツリーに二度も上られたとはすごいですね。
同じ東京にいるのに、遠くの夜景の中にそのお姿をうっすら見るだけの私とは
大違いで羨ましい…。もっぱら東京タワーを眺めて暮らしております、とほほ~~。

cute ともさん、こんばんは。
お尋ねの敷物ですが、あれは笠原邦彦さん作のユニットです。
中心部分をリボン模様というユニットで組んで、
周辺をリボン模様を除いた本来のユニットで組んでいます。
手持ち無沙汰の時に、何気なく作ったユニットを
ただアトランダムに組み合わせただけのものですが、
意外にも、敷物として、便利に使っておりますhappy01scissors

cute mahiruさん、こんばんは。
ご覧いただく皆さんに、いろんなふうに想像していただいて嬉しいです。
「まさかのウナギ犬!」また見ちゃいました。
今度はゆっくり歩いておりましたので、10秒ぐらいは観察できました。
友人の説では、前回は走っていたのに、今回はゆっくり歩いていたということは
縄張りができたという意味ではないかというのですが、
果たして真相はいかに!
このウナギ犬、まだまだ続きそうです。
そうそう、敷物の件ですが、↑のともさんのところに書きましたので
ご覧くださいませねshine

cute hologon16mmさん、こんばんは。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

顔がハクビシンではなかったですし、テンやリスより大きいと思いますので、
やっぱり、イタチが濃厚ですよね。
鳴き声は聞きませんでした。
以前、横須賀でハクビシン騒動がありましたが、
近頃では世田谷にもハクビシンがいたそうで、
だんだん都心に近付いてきているなぁと思いました。
森や林は無くても、食べ物は豊富にありますものね。
町会ではゴミを夜に出さないようにしていますが、
気をつけなければいけませんねhappy01scissors

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571963/56505053

この記事へのトラックバック一覧です: 132 Igle Curly type:

« 131 こいつぁ春から | トップページ | 133 浮きポケットカールⅡ型 »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ