« 122 正十二面体 | トップページ | 124 つつみどめ  »

2012年9月28日 (金)

123 くす玉 Plute

12302今日の作品は『Plute』という名のくす玉。

海外の折り紙サイトをウロウロしていて見つけた。

日本の伝統くす玉と同じように、

ユニットを糸で綴っていくタイプなので、

これも伝承品かなと思ったら、サイトの中に

〝Makoto Yamaguchi″と書いてあった。

山口さん?もしかしたら、作者かな。

もしかしたら…だなんて、超イイカゲンで申し訳ないが、

なにせスペイン語かポルトガル語のサイトだったので、

とほほ…、その名前以外はまったく読めず、お手上げsweat01

でも、折り図が載っていたので、折るのは大丈夫なのよ。

shine

12303←糸で綴っていくというユニットがこちら。

小さなお花みたいで、一つでも、キュートでしょ。

ユニットの折り方は、難しくはないけれど

ちょっと手が込んでいる。

123115  123118  123120

(左)のように折り込んだら、(中)全部開いて、(右)折り線を利用して折りなおす。

123121  123123  123126

折り畳みながら、先端のとんがりを4つ作っていく。

今回はピンク系のブロックメモを、無地と柄物を織り交ぜて折ってみた。

ユニット数は36。ユニット6個を糸でつないで輪にし、それを6つ重ねて、球体を造形していくのだが…。

123046ユニットの輪を作った時、糸を緩めに結んだので

全体的に締まりがないようで…。

もう少し、きつめに縛ればよかったなぁ。

完成後に気づいたのだが、緩めな時は、

6ユニットの輪をもう1セット作って組み込めば

きっちりと仕上がるんじゃないかしら。

(完成前に気づこうよ、ってば!)

何度も糸で結んでいるから、解くと大変だし、まあ、今回はこれでいいや。

『Plute』くす玉と同じように、とんがってる12301_3

つんつんリング』の上に載せて、ハイ、ポーズcamera

う~ん、ブーケみたいで綺麗かも~~shine

(手前味噌だってばsweat01

12306

作ってみたい方は『origami kusudama Plute』で検索してみてネ。

もしかしたら、動画もあるかも。

あら、また、『もしかしたら』って言っちゃったsweat01sweat01

« 122 正十二面体 | トップページ | 124 つつみどめ  »

日本の作家の作品」カテゴリの記事

コメント

師匠~、おはようございます。
もしかして・・・、movie動画ありましたよ~happy01
以前私も作りましたが、古典的な日本の『くす玉』と折々(折筋付け)は同じなのですね。
一つ手順を変えるだけで、随分とshine華やかな感じになるものですねぇ。
師匠が選んだのはart淡~いピンクですが、甘すぎず大人のピンクlovelyって感じ。
けして、林家ペー、パー子夫妻と一緒にはしないようにcoldsweats01。。。
特に1枚目のcameraお写真。黒の布に錦糸の刺繍(?)が更に大人感をプラスしています。
私もこんなピンクの似合う大人になりたぁ~い。ま、無理だな(;´д`)トホホ…。

cute ともさん、こんにちは!

そうだ、ともさんも以前、くす玉をアップされていたわ~~flair
と思って、今、早速、拝見してきました。
去年の11月7日の作品(もう10ヶ月も経ってるぅ!時の経つのは早い)

ともさんのは色とりどりで、くす玉らしい色合い。
こういう配色も、親しみがあって、いいですよね。
子供もお年寄りも、誰もが手に取ってみたくなる可愛さだなぁと思いながら
久しぶりに、楽しませて頂きました。

そして、仰るとおり、伝承くす玉にひと手間加えるだけで、
斬新な雰囲気に変わるから、不思議ですね。

ピンク系や花柄、フリルは仕事の場に合わないので滅多に着ない私ですが、
(っていうか、似合わないんじゃないかという噂も)
本人の好みに関わらず、そろそろピンクの似合うお年頃に近づいてきたようで、
大人のピンクを着こなせるようになりたいわぁ~~~heart04
パー子さんを見習って(30メートル先にいても、声と服装で判別可能@浅草。きゃっ、きゃっ、きゃっ!)

こんにちは(*^_^*)
うわぁ~ツンツン(✿◡‿◡ฺ)可愛い~くす玉ですね!私は初めて見させてもらいます。
一番左下の写真では春のお茶会に召し上がられる手作り和菓子がふと浮かび!
食欲の秋食いしん坊の私でっすー(´д`)
色合いのセンスが抜群でいらっしゃいます。(((o(*゚▽゚*)o)))

今年の初め頃ですが、レモン絞りのようなユニット折りをやはり6ユニット折って糸で中心を綴り
私は仕上げる前にリリアンで吊り飾れるようにしました。
又赤色で作ったのはハイビスカスのようにも見えまして綺麗でした。
6枚なので私にも何とかできました。(´・ω・`)
ちょっと私事を書きまして失礼しました。m(_ _)m

cute まご・まごさん、こんにちは。

お作品をご紹介くださいまして、とても嬉しいです。
リリアンはいいアイデアですねflair
ユニットにあった色を選べますし、飾った時も綺麗ですしね。
私はいつも糸で吊るしておりましたので、
今度はリリアンを使ってみようと思いました。
ユニット数の多少に関係なく、完成した時の喜びは大きいですよね。
これからも、ぜひ楽しいお作品を作り続けてくださいねhappy01

まあ綺麗!

開花!って感じが良いですね。春みたい。
糸で綴るくすだまは、昔おばあちゃんがつくっていたなぁ…と思い出してみたり。
糸の締め具合によって全然表情が違ってくるところが、
機械じゃなくて人の手で作るということの、
難しさであり暖かさであり、楽しさでもあるんでしょうね。

cute まゆさま、いつもありがとうございます。

ほんとにねぇ、仰るとおり、糸の締め具合で仕上がりの感じが変わるんですね。
昔々、おばあちゃんに作ってもらった時は、
ただ嬉しくて、眺めたり、触ったりして喜んでいましたが、
きっと、まゆさまのおばあさまも、うちの祖母も
孫のことを思いながら、あれこれと試行錯誤していたんでしょうね。
まゆ様のコメントを拝見しながら、遠い日のことを思い出して
何だか温かい気持ちになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571963/55765268

この記事へのトラックバック一覧です: 123 くす玉 Plute:

« 122 正十二面体 | トップページ | 124 つつみどめ  »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ