« 119 キュービック・スター | トップページ | 121 八面体十字 »

2012年8月27日 (月)

120 切なきこと

01_3我が家の西隣のお宅が家と土地を整理して余所へ移って行ったので

そこに50坪ほどの空き地ができた。

都内で50坪といえば、そこそこ広い。

そこに、あっという間に雑草が生えて『原っぱ』になった。

わぁ、懐かしい!原っぱだわぁ…。

子供の頃はあちこちにあって、缶けりや凧揚げをしたなぁ。

いたずらなヨシ坊がカナブンに紐をつけて、ブンブン回してたっけ。

東京五輪直前の東京には、今とは全然違う世界が広がっていたんだ。

shine

その原っぱに先日のゲリラ豪雨で大きな水溜まりができた。

雨もすっかりあがった夕方、ふと見ると、トンボがいっぱい飛んでいる。

あっちにも、こっちにも、二匹ずつ重なり合って、恋の季節を迎えているのだ。Dscn9658_2

そして何と、その水溜まりにちょんと尻尾をつけて、卵を産んでいるではないか!

トンボさ~ん、そこは池じゃないのよ……

shine

翌日は朝から炎暑。猛烈な日差しに照らされて、

夕べ、トンボが恋の炎を燃やした水溜まりはあっという間に干上がってしまった。

ごめんね、トンボさん。命をつなげなかったよ。

何だかとても切ない気持ちになった。

shine

02今日の作品は先日買い物に行ったお店の包装紙でベースを作り、

そこに、飾りを組み合わせたもの。

飾りの先端をくるっと巻くと印象が変わるし、

飾りを変えれば、まったく別の雰囲気になるのが面白い。

出典は布施知子著の『花くす玉』。

炎暑猛暑の日々だけど、日が暮れるともう、裏庭ではコオロギが鳴いている。

秋も近いのかな…。あと少し、夏バテしないで頑張らなくちゃ、ね shine

« 119 キュービック・スター | トップページ | 121 八面体十字 »

日本の作家の作品」カテゴリの記事

コメント

残暑が続いていますすがUnit funさん&ご家族のみなさん
体調を崩さずない様にお過ごし下さいね。

「ALWEYS三丁目の夕日」の懐かしいさですねhappy01
50年余りの歳月で、これほど近代社会になると
家のそばに原っぱ擬きが出来ても懐かしく感じますよね。

一番最初の上のユニット
撮影にも凝っていてとっても風流な雰囲気が漂ってますmaple
秋の稲穂にホオズキのように見えましたheart04

Unit fun さま

あら、東急ハ○ズがオシャレなことに。
包装紙ってしわしわになっちゃうからなかなか折り紙に使おうと思わなかったけれど
Unit funさまがよくいろいろなところの包装紙で折ってらっしゃるのを見ると
どれもこれも、しわなど気にならないステキな作品ばかりなので
これは案外、イケるんじゃないかと(笑
今度どこかの包みで折ってみよう。

私が住んでいる&勤めている周辺には、まだ“原っぱ”ありますよ!
先日、チョットお洒落して出掛ける用事がありまして、
ガラにもなく、チョットお高いフレグランスなど纏ってみたりしましたところ、
自宅の前の“原っぱ”で、2度もチクっとやられました。
蜂じゃないんだけれど、何かやたらと飛び回っている、虫。
二の腕と肩口が、ぷっくり腫れて、難儀しました(笑sweat01
花なんかじゃなくってよ!

東京のビル群の中に暮らしていたら感じられないことかも知れないけれど、
虫とか、草とか、そういうものに季節を感じるって、残していきたいことですよね。

cute mahiruさん、こんばんは。

「秋の稲穂にホオズキのように見えた」なんて、
何と素敵なイマジネーションでございましょう。
ものはすべて、見る人の心持ち次第でかわるものと言いますので、
私もmahiruさんのようなイマジネーションを持ちたいものと思いました。
あの麦の敷物は母の刺繍なんです。
涼しくなったら、また何か刺繍の作品を作りたいと申しておりました。
夢中になって作品を作ることも、長生きの秘訣なのかもしれませんね。

cute まゆさま、こんばんは。

そうでしたか。
原っぱは現役でしたか。
そして「虫」、それも「何かやたらと飛び回る虫」もいるんですね。
それに刺されてしまったまゆさまはお気の毒なことでしたが、
考えてみれば、草が生えれば、虫も鳥もいるのが当たり前。
人工物ばかりの街は不自然ですよね。
夕方、植木に水を撒いておりましたら、久しぶりにガマガエルが出てきまして、
たっぷり撒いておくれよと言いたげに、こちらをじ~~っと見てました。
このガマちゃんにはたしか子がいたはず。
こんな小さな裏庭で、こいつも命を繋いでいるんですね。


おはようございます。
都会では、空き地や原っぱなんて滅多に見られなくなったのですねぇweep
私なんて、原っぱの中に住んでるようなもんなんで、
(まわりは田んぼだし、庭は草ボーボーだしcoldsweats01
bud緑のないところに住むなんて、考えられません。
手入れの行き届いた庭も素敵ですが、
原っぱにはいろんな生き物が育まれているので、notes楽しい場所ですね。
とはいえ、田舎でもそんな自然の中で遊ぶ子供達を見なくなったのは、
少し悲しいです。(みんな習い事とかgameゲームに忙しいのかな)
今回の作品は、東急○ンズのラッピングペーパーでございますね。
ベースが同じでも、上に乗るもので(オレンジ&グリーン)、
印象がガラッと変わって見えますね。
どちらもtyphoon風車(?)っぽく見えるのですがcoldsweats01
原っぱで駆け回る子供達の手に・・・、今では見られない光景です。

cute ともさん、こんにちは!

私も同じことを考えてました。
茶色の飾りを作った時に、『タケコプター』を連想して
これがクルクル回ったら、ちっちゃい扇風機みたいで、
面白いのになぁ…と思ってました。
回るものって、なぜか、ついつい見てしまいます。
『風車』…
ともさんのコメントを拝見して、すぐに一つ作ってしまいました。
何だか、懐かしい気持ちがふつふつと!
風車を持って、隣の原っぱでも走り回ってみようかしらrunsun

こんばんは\(⌒日⌒)/

東京五輪とても懐かしいひびきですね~!
国道一号線を聖火が通過しました折り、沿道で声援を送っていました。

今回は包装紙を利用されてリバイバル作品素晴らしいです。
私などの時代は包装紙や箱類も大切に保存して生活していましたのに
最近では「断捨離」の生活へと移行している現状・・・(๑≧౪≦)
又良いものを見せてもらいました。

このシリーズ何点か折りましたが、やはり素材から自然体が
滲み出て本当にいい色合いですね!

前回の6個のユニットは頑張ってみましたがお手上げでした。
何時も有難うございます。

残暑厳しい日が続いておりますがお身体お気を付け下さいませ。

cute まご・まごさん、こんにちは!

東京五輪なんて書くと、歳がバレてしまいそうですが、
ホントにあの時代は、包装紙はきれいに畳んで、とっておきましたっけね。
その習慣のせいか、今でも包装紙を見ると、
折り紙に使えるかなぁ~と考えて、ついつい、しわを伸ばしてしまいます。
shine
まご・まごさんは国道一号線(第二京浜)で聖火ランナーを応援なさったんですか。
私は第一京浜の歩道に出て、空に描いた五輪のマークを見て、
「あッ、テレビとおんなじだぁ~~!」と思わず叫んだのを今でもよく覚えております。
懐かしい思い出ですねhappy01heart04

お久しぶりですconfident
トンボさん残念でしたね
子供の頃空き地とか原っぱがあちこちにあって誰の許可なくみんなの遊び場になってたなぁ~
あの頃より物は溢れてるけどなんか大切な物がなくなっちゃったような・・
東京五輪ホント懐かしいわ・・私も年ばれちゃうよhappy02
 
ハンズの包装紙がとってもお洒落に・・いつものことながら作品の素晴らしさに感心しちゃいますlovely

cute ビオラさん、こんばんは。

ホントに。
あの頃は、大らかで、温かい時代でしたねぇ。
玄関に鍵はかかっていませんでしたし、
余所のお宅のイチジクの木に登って勝手に食べても、
楽しく遊んでいる時は叱られませんでした。
「お互い様だから」という気持ちが強かったのでしょうか。
悪いことをした時は、大人はしっかり叱ってましたっけ。
それだけ人も熱かったんでしょうね。
やっぱり、物より気持ち。
気持ちが熱いと思い出も多いですものねshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571963/55519764

この記事へのトラックバック一覧です: 120 切なきこと:

« 119 キュービック・スター | トップページ | 121 八面体十字 »

ランキング


01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ