« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月

2012年5月23日 (水)

115 正三角形星組ユニット60枚組

11501正直な話、私はとても困っている。

typhoon

母が入院して三日が経った。

この前の日曜日に、庭で足を滑らせて転倒し、

腰を圧迫骨折してしまったのだ。

直ちに救急搬送で入院したのだが、

母は入院を嫌がって帰りたいと訴える。

本来なら、骨が固まるまでの三週間ほどは

ひたすら横になって、絶対安静が必要なのだが、

痛み止めの薬が効いているせいか、ベッドから起き上がって

帰ろうとして、看護師を驚かせてしまう。

高齢の患者にはよくあることらしいが、

急に環境が変わったことで、現状が正確に把握できず、

精神的に混乱をきたしてもいる。

こうした混乱は生活のリズムが整うにつれて治るそうだが、

その前に、帰ろうとして、ベッドから転倒すれば大惨事になりかねない。

11503あまり帰りたがるようなら、家で三週間ほど安静に過ごしてみたらどうかと

担当医から提案されたが、万一、次に同じ部分を骨折したら、

脊椎に近い部分なので、下半身に麻痺が出るだろうという。

それに、このまま入院治療を続けるとなれば、

起き上がれなくするための投薬や処置をしなければならないという。

直ちに家族会議が開かれて、家で養生させようという方向に向かいつつある。

そう、それが一番いいと思う。

母には一番安心できる我が家で、落ち着いて養生して欲しいと思う。

それが一番良いとは思うが、ちゃんとできるの、私?11502_2

仕事と家事だけでも、けっこう大変なのに、

そのうえ、二度と骨折させないように見守る介護ができるのか、正直、不安だ。

介護経験ゼロの私、大丈夫か。

しっかりしなくちゃ、ね。

sprinkle

追伸:読者の皆さん、いつになく深刻な話題でごめんなさい。

2012年5月19日 (土)

114 薗部ユニットのドーナツ

10401111回目の記事で、小学一年生になった甥っ子が

初めて薗部ユニットを作ったことを書いたが、

その時、私も一緒に薗部ユニットを沢山作ったので、

今日はそれを使ってドーナツを作ってみた。

ドーナツ?ホントにそんな名前なの?

そう思った方も多いだろう。

実は、作品の正式名称を知らないのだ。

この作品はかなり以前に外国のサイトで見て、

一目惚れ!どうしても作ってみたくて、

写真を頼りに悪戦苦闘した。

それ以来、どこで見たのか思い出せず、よって、名前も分からないというわけ。

で、試行錯誤の結果、ようやく出来たぁ~~!と思っていたら14002_3

甥っ子がやってきて、「あッ、ドーナツだぁ、ガブッ!」「ぎゃ~~~~!」

かじって、ぐちゃぐちゃにしたかなぁと思ったが、

大きな口を開けて、食べる真似をしながら、ニコニコしてた。

去年だったら、たぶんグチャグチャにして遊んだろうに、

やっぱり6歳はお兄ちゃんなんだね。

それ以来、私の中ではこの作品名は『ドーナツ』になった。

14003_2用紙は7.5cm角の折り紙×72枚(たぶんsweat01

かなり立体的で、ドーナツっぽく見えるでしょ。

直径約15センチ。高さ6.5センチ。中は空洞。

(右の資料箱の中に、関連写真があります→)

表面と裏面はまったく同じ形をしている。

shine

私ごとだが、今日、初めて、母の作品とコラボした。

カットワークの敷物は刺繍が大好きな母の作品である。

2012年5月16日 (水)

113 年賀葉書の鍋敷き

11301_2先日の休みに、机の周りを整理して、

不要になった書類を処分していたら、

年賀葉書が溜まっているのに気がついた。

シュレッターしてもいいのだけれど、

かなりの枚数があったので、

鍋敷きでも作ってみようかなと思い立った。

ずいぶん前に作ったきりで、うろ覚えなので、

ウェブサイトを検索してみたら、でるわ、でるわ

いろんな人が作り方を紹介しているのね。

これは便利!お蔭さまで、折り方を復習できて助かりました。

flair

ところが、いざ折り始めてみると、意外や意外、かなりの「チカラワザ」なのね。

これも折り紙には違いないけれど、

厚くて硬い葉書を折るのは、けっこう大変 sweat01

か弱きおなご(?)には、ちと、キビシイ。

20枚折ったら、指先が痛くなりましたっけ。

11202  11203  11204

左が葉書一枚で1ユニット。中は5ユニットを組んだところ。円形にはまだまだ遠い。

右は20枚ほどを組んだところ。かなり丸くなってきた。

当初は30枚の予定だったが、指先が疲れてしまったので、25~26枚でギブアップ。

flair

11205作ってみて、びっくり。意外に分厚い仕上がりなのね。

なるほど、これなら重い物や熱い物を載せても大丈夫かも!

それに、仕事関係の年賀葉書だけで作っても、

けっこう綺麗にできるのね。

プライベートな年賀状には家族やペットの写真が入っているでしょ。

可愛い写真に折り線をつけるのは嫌だから、今回は除外。

完成品は大きな水差しの敷物として、さっそく役に立っている。

2012年5月10日 (木)

112 ハナミズキ

01我が家の近くに、ハナミズキの並木道があって、

今の季節、それはそれは綺麗に咲いている。

ハナミズキは害虫にも、排気ガスにも強く、

街路樹に向いているらしいが、私にはその特性よりも、

そそとした姿が何より魅力に思える。

堂々と咲き誇るわけでもなく、

地味すぎず、派手すぎず、清楚で

適度に華やかなところがいい。

主役は藤や牡丹に譲って、

しっかり脇を固める名脇役のように、今の季節を彩っている。

だから今日は、そんなハナミズキに感謝しながら、これを折ってみた。

布施知子さんのV字135度ユニットの中折れタイプである。

ユニットの中心を窪ませているので、立体感があって面白い。

折っても、組んでも楽しいユニットである。

11302  11303  11204_2

今日は8.5cm角のブロックメモを使った。30枚組。

三角形で構成される正20面体なので、角度を変えても

見え方はあまり変わらないから、色で変化をつけた。

ピンクのぼかしのように見える部分は文字とメモの罫線である。

shine

11205_4ハナミズキが散る頃には、もう新緑真っ盛り。

みずみずしい新芽が目を楽しませてくれる。

我が家の庭でも、カラーの鉢植えも芽を吹いたし、

紫陽花もぐんぐん伸びている。

いつの間にか、ユリも大きくなっていた。

仕事の手を休めて、私も春を楽しまなくちゃ。

と支度してたら、突然の雷鳴&豪雨。トホホなのね~~thunder

2012年5月 7日 (月)

111 Radianta Whirl 光り輝く風ぐるま

10101_2子供の成長はホントに早くて着実だなぁと思う。

甥っ子は折り紙が大好きで、私の部屋に

沢山ある作品を見ては、ずっと作りたがっていた。

でも、まだ小さくて、折り紙を直角や45度に

正確に折れないから、ユニット折り紙をするには

無理があった。

そのおチビさんも今年、小学一年生になり、

上手に折って、きちんと折り線をつけられるようになった。

5歳と6歳の違いは大きいんだね。

そして、昨日初めて薗部ユニットを作った。

「これを12個作ると、くす玉が作れるよ」と言うと、

何度か試行錯誤を重ねて、折り方をマスターし、ユニットを12個作った。

そして、組んでみたくて、ウズウズ。

ねぇ、どう組み合わせるの、こことここ?ねぇ~~!

そんなに楽しみにしてたんだぁ……甥っ子のワクワクぶりが眩しかった。

shine

さて、今日は「Radianta Whirl 」という作品。11102

光り輝く風車とでも訳そうか。

青紫系と茶系の2タイプの色で作ってみた。

右の黄色地に模様が入った紙は、川崎大師のそばにある葛餅屋さんの

包装紙(おいしいのよhappy01)。7.5cm角×30枚組。

このユニットは折り方が簡単で、作り易く、組み方も分かりやすいので、おススメ。

実に作っていて楽しくて、ちょっとワクワクした。

そうだ、ユニット折り紙に出会った十年ほど前、

私にも甥っ子のように、ワクワクが止まらない季節があったっけ。

shine

11103_26歳の甥っ子には、組むのはまだ難しかったようで、

時々、手直しが必要だったが、それでも何とか組み上げると、

手の平に載せて眺めたり、頭に載せてみたり、

弾むかどうか試してみたりと、実に楽しそうであった。

次は30枚組を作るよ!と早くも決意表明。

そうだね。二年生になる頃には、きっと一人で全部作れるようになるよ、ね heart04

2012年5月 2日 (水)

110 玉風車

11001特に予定があったわけではないけれど、

まったくトホホな話、ゴールデンウィークの前半は

目の治療と静養で終ってしまった。

風薫る五月、一年中で一番爽やかな季節だが、

ドライアイの私には、この頃が一番アブナイ(らしい)。

爽やかなので、湿度が下がっていることに

気づかぬまま、パソコンで仕事をしたりする。

この頃になると、加湿器のことも忘れちゃうし、

目は乾く一方。医者の話によると、

パソコンを見ている時、人は瞬きの回数が減るそうだ。

そうして、乾いた目に、空気中を浮遊する小さなゴミが

入ると、瞬きした瞬間に傷ついてしまうそうだ。困ったことに、癖になるのだそうな。

何より湿度。湿度管理を徹底しなくちゃ。美容にもいいしね…と自分に言い聞かせて。

shine

さて、今日は布施知子さんの玉風車。

11003_2  11004  11002_2

柄がこのユニットにピッタリのブロックメモがあったので、作ってみた。

玉風車にはABCの3タイプあって、微妙に違うが、今日はAタイプである。

ユニットも組み方も簡単で、しっかり組み上がる。糊は一切不要だ。

今回は五角形が12個、正三角形が20個でできた、正12正20面体で組んでいる。

サイズは8.3cm角×30枚。

shine

クラフト紙のブロックメモで組むと、雰囲気はガラリと変わる。

11007  11006  11008

なんだか、段ボールみたいに見えませんか?

この玉風車では、24枚組や60枚組も作ってあるので、

また折を見てご紹介しよう。

玉風車ABCの出典は『ユニット折り紙ファンタジー』。

shine

さあさあ、ブログも更新したことだし、目薬をささなくちゃ。

ヒアルロン酸入り目薬、私の強い味方であ~る。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ