« 110 玉風車 | トップページ | 112 ハナミズキ »

2012年5月 7日 (月)

111 Radianta Whirl 光り輝く風ぐるま

10101_2子供の成長はホントに早くて着実だなぁと思う。

甥っ子は折り紙が大好きで、私の部屋に

沢山ある作品を見ては、ずっと作りたがっていた。

でも、まだ小さくて、折り紙を直角や45度に

正確に折れないから、ユニット折り紙をするには

無理があった。

そのおチビさんも今年、小学一年生になり、

上手に折って、きちんと折り線をつけられるようになった。

5歳と6歳の違いは大きいんだね。

そして、昨日初めて薗部ユニットを作った。

「これを12個作ると、くす玉が作れるよ」と言うと、

何度か試行錯誤を重ねて、折り方をマスターし、ユニットを12個作った。

そして、組んでみたくて、ウズウズ。

ねぇ、どう組み合わせるの、こことここ?ねぇ~~!

そんなに楽しみにしてたんだぁ……甥っ子のワクワクぶりが眩しかった。

shine

さて、今日は「Radianta Whirl 」という作品。11102

光り輝く風車とでも訳そうか。

青紫系と茶系の2タイプの色で作ってみた。

右の黄色地に模様が入った紙は、川崎大師のそばにある葛餅屋さんの

包装紙(おいしいのよhappy01)。7.5cm角×30枚組。

このユニットは折り方が簡単で、作り易く、組み方も分かりやすいので、おススメ。

実に作っていて楽しくて、ちょっとワクワクした。

そうだ、ユニット折り紙に出会った十年ほど前、

私にも甥っ子のように、ワクワクが止まらない季節があったっけ。

shine

11103_26歳の甥っ子には、組むのはまだ難しかったようで、

時々、手直しが必要だったが、それでも何とか組み上げると、

手の平に載せて眺めたり、頭に載せてみたり、

弾むかどうか試してみたりと、実に楽しそうであった。

次は30枚組を作るよ!と早くも決意表明。

そうだね。二年生になる頃には、きっと一人で全部作れるようになるよ、ね heart04

« 110 玉風車 | トップページ | 112 ハナミズキ »

エカテリーナ・ルカシェーバさんの作品」カテゴリの記事

コメント

甥っ子さん、さすがsign03
6歳で『光り輝く風ぐるま』できちゃったんですかshine
きっと、一生忘れないなこの時の感動heart04
ものつくりっていいですねannoy

こんにちは^^
6歳にして折り紙デビューshineとは、素晴らしいですね。
そういえば、昔から、習い事は6歳の年の6月から!なんていいますよねscissors
昨今の早期教育って、イカガナモノでしょう??な~んて、話が違う方向へ行きそうで
スミマセン。星形がいくつも組み合わさったみたいで男の子は
好きそうですねhappy01

Unit funさま

おひさしぶりです!

さすが甥っ子さん!きっとDNAレベルでユニットが好きに違いない。

数年前のことですが、小学校にあがったばかりの従姉妹とふたりで
一日を一緒に過ごさねばならなくなってしまったことがありました。
こっちはオムツの時から知っていても、向こうにしてみれば、“なんか知らない親戚のお姉さん”。
警戒心丸出しで近寄ろうともしない彼女に折って見せたのが、彼の有名な薗部ユニットでした。
最初はチラ見していただけだったけれど、くすだまひとつが出来上がるころにはすっかり興味津々。
彼女とふたり、家じゅうの折り紙を折りつくす勢いで、一日中薗部ユニット12枚組ばかり折っていました。
よく飽きなかったもんだ。

そんなことを思い出した、Unit funさま(の、甥っ子さん)のエピソード。

自分の手の中から何かができあがることは、この年になってもわくわくすることだから、
きっと小さい子にとっては、ものすごくものすごく、わくわくすることなんだろうなぁと思います。
その“わくわく”をすぐ手元まで差し出してくれる(手渡してくれる、じゃないところがミソ)
Unit funさまのような大人が身近にいることは、すごく素敵なことですよね。

…と、いろいろ思っていたら長文になってしまいました。
自分のブログでもないのに!

失礼しました、次の作品(Unit funさまのも、甥っ子さんのも 笑)も、楽しみにしています。

cute kimiさん、コメントありがとうございます。

4歳ぐらいから、作品を指さしては、作りたいよ~と言っていましたが、
こんなに作りたかったんだと驚くほど、楽しそうにやってました。
年齢差を飛び越えて、
「ものづくり」を通じて、楽しみを共有できるって嬉しいことですねshine

cute くまモンママさん、こんばんは。

おぉ、たしかに、習い事は6歳の6月からといいましたね。
一か月早かったけれど、うちも一応、昔ながらの風習に合格でしょうか?
チビッ子でも色の好みがあって、何色を組みたいか、いろいろあるんですね。
面白いなぁ~~と思いながら、見てました happy01heart04

cute まゆさま、ようこそお越しくださいました。

このところご無沙汰しておりました。
更新してすぐご覧いただいたうえに、
こんなに素敵なコメントも頂戴しまして、とても嬉しいです。

まゆさまのおっしゃるとおり、平面の紙から立体のくす玉を作れるということに
驚きと楽しさを見出したのでしょうか。
目をキラキラさせて作っていました。
子供の好奇心って、素晴らしいですねshine

その後、目の具合はいかがですか?

わぁ~すごい完全にDNAですね!
確かに折り紙に興味を持って、作りたがるのはわかりますが
ユニット作っちゃうのが凄すぎるeye
手先が器用+理解力がないと無理だと思います。
きっとお利口な小1なんだろうなぁ~
これま羨ましいなぁcoldsweats01

cute mahiruさん、こんばんは。

お陰様で、目は良くなりました。
ドライアイのキズは癖になるらしいので、まだ目薬をさして、気をつけてはいますが、
キズ自体はは治ったようです。

まだ一年生なので、理解しているかどうかは不明ですが、
ユニットの見本を作ってあげると、それを見ながら、試行錯誤して、同じように作っておりました。
やる気は一人前で、それだけに、吸収力もあるのでしょうね。
小さな折り紙仲間ができて、私もまた楽しみが増えました。

おはようございます。
おっeyesign02、風車の弥七はどこにおる。。。
相変わらず、発想が貧困でございます(;´д`)トホホ…。
art紫とブルーの組み合わせも、なかなかshine素敵ですねぇ。
葛餅屋さんの包装紙とは、師匠らしい感じがしますねぇbleah
あら~、甥っ子君もなかなかやりますねぇ。
さすが師匠の甥っ子。
作った作品を掲載してくださればよかったのにhappy01
でも、私より上手だったらどうしよ(%_% )( %_%)。
弟子の座を、甥っ子君に明け渡さねば。。。

cute ともさん、コメントありがとうございます。

今、思えば、出来上がった12枚組で、
彼があんまりにも嬉しそうに遊んでいるので、
写真のことを思いつきませんでした。
やがて、遊び過ぎて、
くす玉はボロボロのペチャンコになってしまいました、アハハ。
次は写真を載せますので、
ともさんの弟子にでも、してやってくださいまし~~~happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571963/54655072

この記事へのトラックバック一覧です: 111 Radianta Whirl 光り輝く風ぐるま:

« 110 玉風車 | トップページ | 112 ハナミズキ »

ランキング


01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ