« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

086 両面かめのこユニット凹型68枚

何ですか、これは……?

09

網目のような……、四角のような……

おやぁ~~ッ!

Dscn9563  Dscn9564_2

カメラがだんだん離れると……何となく形が……ああ、な~るほど。

01  07_2  08

これは布施知子さんの両面かめのこユニット凹型を68枚で組んだ作品

左が立った姿。中は真上から見たところ。右は底面からみた写真である。

トップの写真は、右の写真の底穴から覗いて撮ったものだったのね。

実はこの作品には、面白い仕掛けがあって……

02  04  05

壁が斜めに倒れるので、回しながら畳めるのだ sign03

今回はブロックメモで作ったので、紙が硬くて、畳むのは少し力がいった。

ムニュ~~~~っと畳んで指を離すと、今度は反対周りに、ゆっくりと伸びる。

ボヨヨ~~ン、ボヨヨ~~ン、その様子がおっかしい。

ビデオだったら、お伝えできるんだけどなぁ。

だから何、ってわけでもないんだけどね、えへへ sweat01

108.5センチ角のブロックメモで作ったら、左の大きさになった。

この亀のこユニットには凹型と凸型の二種類があって、

どちらも、いろんな形を組めるので、飽きずに楽しめる。

出典は布施智子著『ゆかいな多面体』。

ぜひ皆さんも、ムニュ~~とボヨヨ~~ンを楽しんでみて、ね shine

2012年1月25日 (水)

085 チョコ卵のガーもどき

Dscn9781aお正月休みに、おもちゃ箱を整理していて

←こんなものを見つけた。コレ……。

チョコ卵の中に入っていたオモチャだ。

10年以上前かなあ…。卵形のチョコの中に、

小さなオモチャが入った食品玩具が流行って

面白いオモチャが多かったので、いろいろ集めたのだった。

名前はたしか…、そう!キンダー・サプライズ!

ご存知の方、いらっしゃいますか?

flair

で、コレ、似てませんか?音をたてて庭に現れて

勝手に他人の花やお団子を食べていくアイツに。

なので、命名しました。今日からキミは「ガーもどき」だぁ!

shine

ココログで庭いじりをやっている方以外は、何のこっちゃ、さっぱり分からん話題で申し訳ない。

ココログの世界では、こんなアヤシイ鳥がイタズラをしにやって来るのです。

shine

実は、この「ガーもどき」にはちょっとした仕掛けがあって、立て方で表情が変わるのだ。

試しに、「ガーもどき」を回してみると…

02  03  04_2  05

ここまで見た限りでは、「ガーもどき」だけど、それが…

06  08  07  09

鳥の尾羽の部分で、アラヨッと立たせると(右端)、あらまッ、オジサンが出現!

← はーい、こんなん出ました! ってわけ(バカバカしい coldsweats01sweat02Dscn9795_2

typhoon

忘れていたオモチャに再会した喜びで、

ついつい、バカバカしい記事になってしまった。失敬。

折り紙のブログじゃないのかannoy とお叱りを受けるといけないので

折り紙のことも書いておく。(ついでに、じゃないっす sweat01

01  00_2

上の方で「ガーもどき」が敷いているのは(写真左)ヨーロッパのリング

ネットサーフィンしていて見つけた。伝承折り紙だそうだ。

欧州のどの地域の伝承なのか、詳しいことは不明だが、伝承作品があるということは、

ヨーロッパにも折り紙の長い歴史があるということなのだろう。

Dscn9796←と↑は、Jose Meeusenさん作の May Flower という作品。

こちらは伝承リングより、ずっと手が込んでいて難しいが、

そのぶん、配色を考えるのも、作るのも楽しかった。

だが、ガーもどきを乗っけて遊んでいるうちに、シワシワに…sweat01

しかも、あれだけ「ガーもどき」のことを書いといて、

折り紙はたったの7行かpunch annoyって叱られそう…sweat01sweat01

次回は真面目に書かなくっては…。

でも、でも…、おもちゃ熱が再発しちゃったかも、プププ…dashsweat01sweat01sweat01

ポチッとよろしく!

2012年1月22日 (日)

084 春節到了!

新暦でお正月を迎える日本ではあまり重視されないが、

アジアには旧暦でお正月を迎える国がたくさんある。

1月23日は旧暦のお正月。

「春節到了」(お正月になった!)と題して、新春をお祝いしよう。

アジアの皆さん、新年おめでとうございます。

01

中国の人々は、この旧正月のことを『春節』と呼ぶ。

一年で一番大切な日だ。日本と同じで、故郷に帰る人が増えるから

春節の前後は帰省ラッシュが起こる。その数、20億人とも。民族の大移動状態だ。

それを中国語で『春運』という。

05

北京では、家族揃って春節用の餃子を作り、みんなでテーブルを囲む。

餃子といっても、北京では水餃子が一般的。

寒い冬に、アッツアツの水餃子をフ~フ~言いながら食べるのだが、

これはたまらない美味しさだ。年越しのご馳走も沢山用意する。

餃子の中に一個だけ、コインを入れたのがあって、

それを引いた人がその年の大当たり~~となるのだ。

といっても、これは私がいた大昔の北京の話、現代の北京はどうなのかなぁ…。

Dscn9276

さて、今日の作品は「花のくす玉」。

伝承作品なので、作者はない。

花芯のヒダヒダが人気を呼んだのか、一気に広まったらしい。

ユニット5つで、花が一つ完成する。花は全部で12個あるので、ユニットは60個作った。

一つ一つ花が完成していくので、作っていて楽しい。

出典は布施智子著の『くす玉折り紙教室』。

今回は7.5cm角の折り紙を使ったので、裏の白い部分が出たが、

表裏同じ色の紙を使ったら、もっと綺麗だと思う。

次回はきっと、ね shine

2012年1月19日 (木)

083 可愛い先生

01origami_cube先日、You-tubeの折り紙サイトを見ていたら

この作品があった。よくある「CUBE」のアレンジ形

なのだが、この折り方を紹介している先生が

とっても可愛いので、ついつい引き込まれてしまった。

小学生かなぁ。英語圏の男の子二人組で、

一人が折って、一人が撮影している。

もちろん子供の投稿だから、画面はブレるし、

説明している途中で、「なぁに~?」なんて

カメラマンと会話しちゃったりするのだが、

二人は大真面目。それが可愛くて、ほほえましい。

最後まで見たら、一番最後に顔を撮影して、ご挨拶。はい、大変よくできましたshine

動画サイトには完成されたVTRが多いけど、たまにはこういう可愛いのも、子供らしくていいね。

Dscn9354  Dscn9358  Dscn9361 Dscn9428_2

さて、作品はできたが、このサイトの名前が分からなくなっちゃった。

皆さんにご紹介しようと思って、サイトを探したのだが、

「Origami Cube」で検索しても、どうにも見つからない。

困ったなぁ…、一体どこで見たんだっけ…。

soon 追記:「まだむ。」さまがサイトの名前を教えてくださいました。感謝、感謝sign03 コメント欄をご参照ください。

Dscn9425余談だが、これを探している途中で、面白いBGMを見つけた。

薗部ユニットでサイコロを作っているのだが、

そこで流れているBGMがなかなか楽しいゾ。

居酒屋で折り紙やってる気分かな sign02

折り紙のBGMに何でまた「コレ」とも思うが、

日本ファンの外国人の中には、「コレ」の上手な人が多いのだとか。

そのサイトはYou-tubeの「 Origami Cube Final Step」。

興味のある方は訪ねてみて、ね heart04

2012年1月16日 (月)

082 六つ巴の正方形

01いつもご覧いただき、ありがとうございます。

お陰様で、1月12日にshine10万アクセスを超えましたshine

去年の2月12日にブログを始めて、ちょうど11か月目。

始めた頃は思いも寄らなかった数字ですが、

ユニット折り紙の世界を多くの方に知っていただきたいと

思って始めたブログですので、大変嬉しく思っています。

今後も、より多くの作品をご紹介して、

皆さまにお楽しみいただき、時には作っていただければと

思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

shine

さて、今日は久しぶりに数学的作品の登場。

理系男子の皆さま、お待たせしました。六つ巴の正方形ですょ。

6つの正方形が上を通り、下を抜け、自分以外の5つと絡まって、

結局、きれいに繋がるこいつ、一体全体、どうなってるのぉ~?

これまで四つ巴の三角形025029三角柱057は作ったが、正方形は初めて。

折り図と睨めっこしながら、ややこしや~~~、ややこしや~~typhoon

11  13  Dscn9362

02_2正方形の一辺がユニット1個なので、

4辺×6個で、ユニットは24個。

5:11の長方形が用紙サイズだ。

今回はちょっと硬めの便箋を切って使った。Dscn9680

折るのは簡単だが、組み方が複雑で、

写真の資料だけでは難しかった。

こんな時、動画があると便利だね。

さて、ようやく完成した。

Dscn9678苦労した分、嬉しくなって、いろんな所で撮影しちゃった。

どこで撮っても、同じ作品なのにね…(ほとんど親バカ状態)

この作品の正式名称は、Six Intersecting Squares

作家は数学的作品を沢山発表しているRobert Langさんである。

興味のある方はウェブサイトを検索して、ぜひチャレンジしてみて、ね heart04

2012年1月11日 (水)

081 それぞれの無限大

W3002_top_212先日、ブログ友達のまゆ様のページにお邪魔したら

この作品が載っていた。

う~ん、見覚えがあるけど、作り方を思い出せないなぁ…

そこで、まゆさま、教えて~~と甘えてみたら、

すぐさま丁寧に折り方を紹介してくださった。

なので、さっそく作ってみたら、思い出した。

川村みゆきさんのインフィニティだね!

でもね、完成品を見て、ふと思った。

まゆさまのとは、何か違う……。

インフィニティ=infinityとは、無窮の時空の広がり、

無限大という意味だ。

まゆさまの作品は、まず静謐。

そして、その奥に宇宙をイメージするような広がりがあった。

まさに、インフィニティそのもの。

作者の意図を上手に表現してるなぁshine

私の作品からは、そういう抽象的概念は全く感じない。

色の綺麗な、ただのくす玉で終わってしまった。

作者がつけた名前を作品に反映していくのは難しいなぁ…と思った。

63 O126 

左は6枚組。どこかの会社のマークみたい。右は12枚組。四角い感じになった。

O304←左は単色で組んだ30枚組。トップの写真と同じ枚数だ。

Unit funが作ると、「宇宙的空間の広がり」とはほど遠い、

何かこう(時々言われるのだけど)むっちり系になっちゃうのね、トホホ。

Unit funはこの作品のもつ繊細さも好きなので

次はそこを表現してみようかな。

Miyuki KawamuraInfinity、動画サイトにも折り方が載っていると思うので

皆さんも、自分だけの無限大をぜひ作ってみて、ね shine

2012年1月 7日 (土)

080 ふわふわ

Leroys_kusudama早いもので、もう成人の日。

って、私じゃないですぅ(念のため。あっ、分かってましたぁ?)

私の頃(?十年前…!)は1月15日と決まっていたが

この頃は1月第二週の月曜となったので、

正月休みが明けて、すぐまた連休。

嬉しいやら、忙しないやら…。

そういえば、いつ頃から始まったのか知らないが

成人式といえば、お振袖が当たり前のようになった。

未婚女性の正装であるお振袖姿、華やかで、いいですねぇ。

自分が着ていた時は、長~い袖のやり場に困った思い出があるが、

いざ、お振袖を卒業してみると、なんだか羨ましい。

若さへの憧れかしら?

お振袖の時の帯は、肩の方に高く締めることが多いので

お尻のあたりはツルリンとして、カバーするものは何も無し。

あれも若い人ならではの、後ろ姿なのでしょうね。

さて、今日は新成人の皆さんをお祝いして、華やかな作品を作ってみた。

Leroyさんのくす玉である。

3030  29

↑ユニットは30個。7.5センチ角の折り紙を使った。右はユニットである。

Dscn7731 shine

ギザギザの多いユニットなので、組み上がると、

ふわふわと弾力のあるくす玉になった。

このふわふわ感がこのくす玉の魅力かな。

そして、ふわふわ感満載のくす玉なのに、

きっちりと組み上がるのも魅力かな。

ふわふわの柔軟性溢れる頭脳で、決めるところはきっちり決める、

新成人の皆さまも、そんな大人になってくだされ。

このユニットの名前を正確に言うと、

Leroy's Chrisanthemum Icosahedron Kusudama

動画サイトで折り方を検索したい人はこの名前で検索してみて、ね heart04

2012年1月 4日 (水)

079 花咲くくす玉

07901お正月も、もう四日。

今日から仕事始めという方も多いのではないだろうか。

今年の三が日、東京は晴天で、

元旦に震度4の地震があった以外は

穏やかなお正月だった。

氏神様に初参りして、先祖のお墓にも新年の挨拶をした。

箱根駅伝も、往路と復路で二日間楽しんだし、

家族が集まって、5歳の甥っ子がだす「なぞなぞ問題」に

みんなでたくさん笑った。

福袋も買って、ちょっと得した気分も味わったっけ。

お正月らしい日々を何事もなく普通に過ごせて、よかった。

これまでは、当たり前だと思っていたけど、

今年は当たり前にやれたことの平穏さに感謝した。

shine

さて、今日はちょっと可愛らしい作品を作ってみた。

5センチ弱くらいの小さいくす玉である。

07903  07904  07902

上のような小さい花を沢山作って、ベースの折り紙と組み合わせている。

このところ強い感じの作品が多かったので、

今日は、新春を寿ぐ花が咲いたような、柔らかいイメージを作ってみたかった。

うまく伝わっただろうか?

A01_2上の二つの作品は、三角の窪みがあるベースを使ったが、

そのベースを別のタイプにかえるだけで、まったく別の作品になる。

←それがこちら。

生クリームがついたキャラメルみたいで、おもしろい。

ベースと花の組み合わせ次第で、いろんな形が楽しめるこの作品は、

布施智子著の『花くす玉』に載っている。

ぜひ、皆さんも作って楽しんでみて、ね heart04

2012年1月 1日 (日)

078 初日の出

01_3明けましておめでとうございます。

shine

去年は、春に大震災、秋に台風による被害と

災害が相次ぎ、悲しい思いをした方も

大勢いらっしゃるので、素直に「おめでとう」とは

言い難いが、とにもかくにも新しい一年の幕開けなので、

心機一転、前向きに行こうと思い、

『初日の出』と銘打って、これを折ってみた。

日いずる国ならばこそ、

初日の出は力強いイメージに仕上げたい。

そう思って、↑上は放射状のつんつんリングと

組み合わせてみた。リングの上に乗っているのが、

布施知子さんの両面かめのこ凹型・切頂六面体である。02

ユニット数は36枚。

この両面かめのこユニットは凹型と凸型があって、

どちらも作っていてホントに楽しい。

沢山在庫があるので、これからドシドシご紹介しよう。

出典は布施智子著の『愉快な多面体』である。

では、皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたしますheart04

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ