« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

026 紫陽花

0002_2梅雨に入ったと思ったら、すぐに台風2号。

強風にあおられて、庭の花も痛んでしまった。

それでも今日、アジサイが咲いた。

我が家のは白と淡いブルー、淡い緑の小花が

ポチポチと咲く、ガクアジサイである。

久しぶりの晴れ間に相応しい、爽やかな色だね。

家族の嬉しそうな声がした。

shine

そこで、今日は、アジサイのつもりで、これを折ってみた。

我が家のアジサイとは色合いが違うけれど、

「紫陽花」という漢字のイメージから、

伝統的な紫ベースの色合いにしてみた。02

ユニット作家はブラジルの Isa Kleinさん。

原題はBromelia 。ユニットは30個である。

03ユニットを折った直後は左のような形をしている。

ユニット折り紙によくある正12面体だが、

ここからが手品の始まり…!

一番上の白い部分を上に引きあげて、

形を整えると、あらッ、不思議flair

紫陽花の花びらが登場するのである。Dscn9907

Isa Kleinさん、Good job good

04

今日もガラスのサラダボールに入れて

記念撮影。

これから一か月余り、うっとおしい梅雨の季節を

鮮やかに彩ってね。

期待してますよ、紫陽花さんheart04

2011年5月26日 (木)

025 四つ巴?の三角形

060118_02_2ユニット折り紙が好きと言うと、

理系の男子が熱中するアレね…と言われることが多い。

なるほど、そうなのか…

折り紙はとどのつまり数学だから、

理系男子がハマるというのも、言われてみれば納得する話だ。

ならば今日は、理系男子の皆様にも見ていただけるよう

数学チックな作品を作ってみた。

Robert.J.Langさんの4 Intersecting Triangles

敢えて訳せば、四つ巴の三角形である。

shine

写真では見づらいかもしれないが、

赤・黄・緑・紺の4つの三角形がすべて交差している。

shine

実は管理人Unit funはこの手の数学的な作品が大好きである。060118_01a

どういうふうに交差するのかを考えるだけでもワクワクするし、

実際に作っても非常に楽しい。

そして、何と言っても、

完成した時の形の美しさにうっとりする。

shine

今回のは、三角形の辺の部分だけで構成された作品だが、

面で交差する作品もあるので、

日を改めて紹介しよう

ちなみに、管理人は文系女子なのよッ heart04

2011年5月19日 (木)

024 新緑

02_3いつもなら真冬でも緑の葉を茂らせるスパティフィラムが

今年は冬越しに失敗して枯れてしまった。

植え替えや株分けを繰り返しながら、

10年も咲いてくれたのに…。

枯れ枝だらけの植木鉢を見つめながら

もうだめかな…と思いつつ、手入れを続けていたら

この頃になって、新しい芽が生えてきた。

ああ、よかった。復活したのね。

ありがとう。

そして、お日様にも感謝 heart04

色鮮やかな新芽は一日、また一日と、少しずつ大きくなっている。

私たち人間も復活、復興に向けて進んでいかなくては、ね heart04

shine

00_2 今回は Passioflora シリーズの4を折ってみた。Dscn7187

Passioflora とは、花の中心が時計のように見える、

あのトケイソウのこと。

作家の E.Lukashevaさんはトケイソウをイメージして、

一連の作品を考案されたのだろう。

私はそれを新緑のイメージで折ってみた。

shine

01_2ユニットは30個。

組み方は薗部ユニット30枚組と同じである。

組んだ直後は左のような形をしている。

このツンツンした部分をクルンと巻いて

できあがりである。

2011年5月13日 (金)

023 薗部のUFO

00_2久しぶりに薗部ユニットで遊んでいたら、

こんな形ができてしまった。

これにも幾何学的な名前があるのかなあ…?

適当に作ったので、さっぱりわからない。

我ながら面白い形ができたと思っていると

5歳の甥っ子が目ざとく見つけて、UFOだぁ!と遊び始めた。

合体戦隊ものに夢中の彼には、これがUFOに見えたのだ。

ブーン、ピュー、ダダダダッ、一機げきちゅい!

どうやら彼は地球防衛軍らしい。

shine

01_3  04  05

左:製作過程。中:裏面。右:側面。

こうして宇宙の敵と戦うこと一時間。

最後に地球防衛軍は、その細い小指を中心につっこんで、ぐるぐる回し、

薗部のUFOはやがて壊れた。

よ~し、また新しいのを作ってあげるよ。どんなのがいい?

今度はドクドクなやつ!

ドクドクとは、最近、彼が見ている昆虫図鑑に登場する毒虫みたいなやつという、

5歳児用語である。

で、これがドクドク。

06  07  08

どうかな…。

5歳児のドクドクイメージにヒットするだろうか!

2011年5月10日 (火)

022 サツキの季節

01忙しいのに任せて過ごしていたら、

ブログを更新しないまま一週間が過ぎてしまった。

時の流れは早いなあ。

いつの間にか、ハナミズキの盛りは終わり、

今はサツキが咲き誇っている。

サツキは東京の初夏を代表する花で、

多くの国道に沿って、歩道にも、

中央分離帯にも植えられている。

だから今、国道は紅色のリボンを流したようにきれいだ。

heart04

今日はそのサツキのイメージでこれを折ってみた。

E.Lukashevaさん作のBella.kusudama 、大好きなユニットの一つである。

02  03  04

一番左がユニット。折っただけの直線的な感じである。

E.Lukashevaさんはこの直線的なユニットでシャープな線を出していたが、

私はそこに少しだけカールを加えて、可愛らしさを出してみた。

そして一番最後に、花びらになる部分の先端を爪楊枝でクルクルッと巻いている。Dscn7187

05  06

組み方は薗部ユニット30枚組とまったく同じだが、

繊細な花びら部分の〝ひらひら″が多いのと、

組み合わさる部分が少ないので、崩れやすく、組みにくい。

07_3ともかく、30枚のユニットを組み合わせたら、

今日はガラスのサラダボールに入れて記念撮影!

heart04

ちなみに、原題にある「kusudama」という日本語だが、

折り紙の世界では、「くす玉」は今や世界用語になっている。

2011年5月 2日 (月)

021 空飛ぶ思い……羽のあるハート

Dscn7409We wish to express our gratitude for the cooperation and supprt

of everybody in the world.

今、世界中で日本を支援するチャリティ・イベントが行われている。

有名な俳優やミュージシャンが行うものが目立つが、

その一方で、中学生が全校をあげて

体育館からメッセージを発信し、募金をするイベントも多く見られた。

アメリカ東部ではいくつもの大学が連合して、

学生たちが日本への支援の輪を広げているという。

大学主催ではなく、草の根運動である。

heart04

義捐金を送るという支援の他に、オマーンの企業は仕事で立ち直ってほしいという願いを込めて、

南相馬市の企業に26億円にものぼる浄水器の発注をしたという。

雇用を生み出すという支援の形もあるのだと気づかされた。

さまざまな思いが羽に乗って日本に飛んで来ている。

heart04

羽のあるハート

これは有名な折り紙作家であるフランシス・オウさんの作品だ。

本来はハート一つで完成なのだが、

Dscn7401 私はそれを4つ重ねて写真に収めてみた。

一つより二つ、二つより四つの方が、より温かいし、

たとえ飛んで行けなくても、思いは必ず伝わるから。

heart04

Dscn7408_2麻の葉の柄は邪気を防ぐおまじないだとか。

被災地の赤ちゃんたちの健やかな成長を祈って

麻の葉のハートをおくります。

heart04

Dscn7407_3ハートの裏に羽を取り付けたように見えるかもしれないが、

一枚の紙で折っている。羽の部分は折り紙の裏面なのだ。

ピンクの羽は両面折り紙の裏面である。Dscn7187

heart04

Dscn7405_2typhoon 今日のスペック

折り紙のサイズ:15×15cm

羽のあるハート一つで折り紙1枚。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

01 薗部ユニット

  • 168 薗部ユニットで作る五方十二面体
    ここの作品はすべて同じユニットで作られています。 組み方を変えるだけで、こんなにさまざまな表情を出せるなんて 薗部ユニットはやっぱり凄い。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ